医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2019年7月25日 (木)
 RSS

 

韓国ソウル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- LG化学(KRX: 051910)は韓国内外の有名大学や研究機関を対象として「第2回グローバルイノベーションコンテスト」(GIC、Global Innovation Contest)を開催すると25日に発表した。


グローバルイノベーションコンテストは、LG化学が優秀な革新的技術を発掘するために韓国化学業界では初めて全世界を対象として行う技術公募展である。

LG化学は7月23日から9月30日まで石油化学、電池、先端素材、バイオなど合計4つの事業分野で革新的な技術アイデアを受け付ける。

次世代の革新的技術開発や産学協力研究に関心を持つ全世界の専門家及び研究グループは誰でも参加可能であり、公募展公式ホームページ(http://www.rnd.lgchem.com/global/gic)から技術提案書を提出することができる。

LG化学は社内専門家及び選定委員会を構成し、各事業本部の中長期戦略と実質的なシナジー効果の創出が可能な研究課題を選定することに焦点を置く計画である。

また、当該技術の革新性や商用化の可能性などを含めて提案書を評価して最終課題を選定する予定である。最終的に選定された課題については12月中に提出者に直接通知される。

最終課題に選定された大学及び研究機関には研究期間中に年間最大15万ドルの研究開発費を支援し、課題を効果的に進めるための技術交流や研究員派遣などの機会も提供する。

LG化学は昨年学界と研究機関を対象として「第1回グローバルイノベーションコンテスト」を開催し、次世代電池及びエネルギー基盤新技術など合計17件の革新的な課題を選定して課題研究費用と技術交流などを支援している。

また、今年4月には電池業界初のグローバルスタートアップ企業を対象にした技術公募展「The Battery Challenge」を実施して、選定されたスタートアップ企業5社と新しい電池技術発掘のために協業している。

LG化学CTO(最高技術責任者)のRo Kisu社長は「グローバルイノベーションコンテストは、オープンイノベーションによって企業と学界が協力し、研究開発段階の革新的技術を商用化技術として発展させて行くことに大きな意味がある」と述べた。

また、「将来有望な技術を先行確保するために外部との協業を持続的に推進し、革新的な技術を保有する有望なスタートアップ企業に対しても今後積極的に支援していく」と語った。

一方、LG化学は今年、研究開発に史上最大規模の1兆3千億ウォンを投資し、研究開発人材も5,500人規模から年末までに6,200人余りまで拡大する計画である。


Contacts

LG Chem
GIC 2019 Organizing Committee
JIN HYUN PARK
+82-42-866-5731
lggic@lgchem.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91