医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年3月26日 (月)
 RSS

千葉--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- がんの病因の多くは、細胞内の遺伝子の異常やそれに伴う蛋白の異常などであり、それらは患者毎に異なることが分かっています。そのため、新たな抗がん薬や治療方法の研究開発は、これら異常を反映する患者由来の細胞で行われることが重要です。しかしながら、患者由来のがん細胞は研究目的であっても入手は容易でなく、生体内に近い状態で安定して培養することも出来ませんでした。 トランスパレントとMolecular Responseは昨年3月に三次元がん細胞培養システムについて共同研究を開始、これまでの研究成果を3月31日~4月4日に開催される米国癌研究会議(AACR1)の年次総会にて共同発表致します。同時に“Cell-able® Oncology”の販売とMolecular Responseが持つ患者由来がん細胞を活用したサービスの販売を開始いたします。 トランスパレントは、Molecular Responseとともに、世界に類を見ない豊富なリソースと新しい技術をがん研究者及び医療従事者に提供し、がん患者の治療やQOLの向上に貢献いたします。C

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91