医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2020年2月7日 (金)
 RSS

100社近くの医療技術企業がデータ共有誓約に署名

米カリフォルニア州アーバイン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 患者安全運動財団は、臨床医、患者擁護団体、病院、医療技術企業が2020年連邦保健IT計画の一環としてのデータ共有を支えるよう呼び掛けます。

患者安全運動の設立者でマシモの設立者・会長・最高経営責任者(CEO)のジョー・キアニは、次のように述べています。「病院における予防可能な患者死亡を根絶するための重要な方法の1つが、企業が利益のために自社のデータを蓄積する代わりに、HIPAAに則った方法で共有することです。国家医療IT調整室が提案した本計画は、病院における予防可能な患者死亡を低減・根絶するために必要な個別化患者データスーパーハイウェイの創出に貢献することになります。もしも患者データを留めておけば、潜在的な問題が起こる前にそれらについて医師に警告することのできるアルゴリズムを誰も生み出せません。私たちは既に毎年、病院で数多くの人々を医療過誤に巻き込むという過ちを犯しており、もはやこれを遅らせることはできません。」

数年前、ローリー・スタントンという名の少年が、まさにこの種の断片化した医療情報システムゆえに敗血症で死亡しました。オルライト・スタントン氏は「月曜日に私の息子のローリーは学校の体育館でバスケットをして遊んでいましたが、倒れて切り傷を負いました。息子の先生がバンドエイドを貼ってくれました。息子は敗血症で5日後に亡くなったのです。かかった小児科の患者モニターで、息子の体格の割りに高い心拍数が計測され、救急科の血液検査装置で高い白血球数が計測されたにもかかわらず、誰もローリーの問題の詳細をまったく把握せず、ケアしなかったため、ローリーは帰宅させられました。病院関係者は高い心拍数と高い白血球数を全体の事情と考え合わせ、息子が敗血症にかかったことを理解できなかったのです。息子のいきさつや症状を完全に把握したり、息子が種々のモニターや血液検査装置につなげられた時に息子の症状を追跡するための予防的アルゴリズムの利点を実現したりするためのデータ共有をしていたならば、息子は今日もおそらく生きていたことでしょう」と語っています。

患者安全運動の設立以来、100社近くが自発的な「オープンデータ誓約」に署名しています。署名企業には、バクスター、サーナー、ドレーゲル、エドワーズライフサイエンス、GEヘルスケア、IBM、マシモ、メドトロニック、オラクル、フィリップス、ゾールなどがあります。完全なリストは下記をご覧ください。本誓約への署名方法に関する詳細情報についてはwww.patientsafetymovement.orgをご覧ください。2020年連邦保健IT計画の詳細情報については、https://www.healthit.gov/sites/default/files/page/2020-01/2020-2025FederalHealthIT%20StrategicPlan_0.pdfをご覧ください。

患者安全運動財団の「オープンデータ誓約」に署名した企業は下記の通りです(アルファベット順)。

AccuHealth Group

アドメトシス

エアストリップ

アンビエント・クリニカル

バクスター

BDインテリポート(旧称CRISIメディカル・システムズ)

ベルヌーイ・ヘルス

ベテラ・ヘルス

BIOIN SOLUCIONES SAS

バイオビジル

ブレインステム・バイオメトリクス

ケアシンタックス

Cercacor

サーナー

チーターメディカル

クリーンハンズ・セーフハンズ

CNSystems Medizintechnik AG

コドニックス

クロスチェックス(CrossChx)

デブメッド

ディシジオ・ヘルス

デルテックス・メディカル

ドクテラ

ドレーゲル

DynaLabs LLC

11 Health

アーリーセンス

eBroselow, LLC

エドワーズライフサイエンス

フォーケア

フジフイルム ソノサイト

GEヘルスケア

Genomi-k

ハミルトン・メディカル

Handtevy-Pediatric Emergency Standards, Inc.

Healthcentrix

ハーティン

ヒーロスコア

Hiteks

IBMワトソン・ヘルス

ICUcare

Informs Inc.

Innara Health

イラディメッド

Jvion

KnectIQ Inc.

コルキン

LiDCO Group

LumiraDX USA Inc.

Magnamed Tecnologia Médica S/A.

マシモ

エムドロリス・メディカル・システムズ

メディ・サイン(Medi+Sign)

メディカル・シミュレーション・コーポレーション

メディセーフ

メドトロニック

マインドレイ

モジュレーテッド・イメージング

モナーク・メディカル・テクノロジーズ

Neosim

NeurOptics

オラクル

ペイシェント・バレー

Pegwin

ペラヘルス

パーセプティメッド

フィリップス ヘルスケア

フェニックス・メディカル・システムズ

ピーセス・テクノロジー

Pooyandegan Rah Saadat Co.,Ltd.

ラピッド・ヘルスケア

Redivus Health

RGP Healthcare

ライトペイシェント

RPRD Diagnostics

セーフケア・グループ

セーフスタート・メディカル

センテック

スミスメディカル

ソテラ・ワイヤレス

スタンレー・ヘルスケア

Stibo Systems

サージカウント・メディカル

スワイプセンス

Talis Clinical

サーモメディックス

Triton Electronic Systems LTD

トゥルー・プロセス

Vitalacy (FORMERLY Hygenix)

ウェルチ・アレン(ヒルロムが買収)

ウェストコム・ナース・コール・システムズ

ゾールメディカル

患者安全運動財団について

米国の病院では毎年20万人以上が無用な死を遂げています。世界では480万人の命が同様に失われています。患者安全運動財団(PSMF)は国際的非営利団体として、病院における予防可能な死亡を根絶するための無料ツールを提供しています。患者安全運動財団は、これら予防可能な死亡をゼロまで減らすべく、マシモ医療倫理・革新・競争財団の支援により設立されました。患者安全を改善するには、患者、医療提供者、医療技術企業、政府、雇用主、民間保険組織を含むすべての関係者の協働努力が必要です。PSMFの世界患者安全・科学・技術サミットは、世界最高の良心を呼び集めて、示唆に富む議論や現状打破に挑戦する新しいアイデアを交わします。当財団の「実施可能な患者安全ソリューション」(APSS)は、証拠に基づくプロセスによって病院による過誤の根絶に役立ちます。当財団の「オープンデータ誓約」は、医療技術企業に対して各社製品が生み出すデータの公表を促すものです。patientsafetymovement.org をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Irene Mulonni
858-859-7001
irene@mulonni.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91