医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年4月19日 (木)
 RSS

スウェーデン・ウプサラ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- マクロレインは安全で忍容性が良好な注入剤製品として、体型矯正と軟組織欠損矯正に使用されています。2008年に発売が開始され、HIV関連の脂肪異栄養症から豊胸術までの適応症で何千人という患者の生活の質を向上させてきました。発売当初から安全性情報の報告システムが整備されていましたが、安全性に関する懸念は把握されていませんでした。ただし豊胸術はすべて、マクロレインを使用するものを含め、マンモグラフィーの読影を妨げる可能性があります。 現時点では、マクロレインによる処置を受けた乳房のX線検査に関し、放射線科医の間で意見は一致していません。そのためガルデルマの一部門であるQ-Medは、現状を検討し、規制当局と協議した上で、マクロレイン処置後の乳房X線検査におけるベストプラクティスに関する意見の一致が見られるまで、マクロレインの適応部位から乳房を外すことを決定しました。 マクロレインは安定化ヒアルロン酸からなる非永続性ゲルで、体内で自然に分解します。製品自体に関して安全性に対する懸念は生じていないため、マクロレイ

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91