医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2020年7月29日 (水)
 RSS

新たなツールは、公衆衛生組織が国勢調査データを使用してパンデミックと闘うために役立つ

米カリフォルニア州レッドランズ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ロケーション・インテリジェンスの世界的リーダーのEsriは本日、国連人口基金(UNFPA)と協力してUNFPA COVID-19人口脆弱性ダッシュボードを作成したと発表しました。この新たな双方向型ツールは、準備と対応に焦点を絞って救命を支援することを目指し、公衆衛生従事者、政策立案者、一般市民に2019年コロナウイルス感染症(COVID-19)に脆弱な人々に関する有益な情報へのアクセスを提供します。


このダッシュボードは、94カ国の最新の統合公開ミクロデータシリーズ(IPUMS)国勢調査サンプルのデータを使用して、国・地方レベルでの人口の脆弱性を明らかにします。一人暮らしを含む高齢者の人口が特定され、住宅密度(世帯規模と1部屋当たりの人数)や水道水その他の設備の利用可能性などのCOVID-19感染リスク因子が含まれています。

COVID-19の感染者と死亡に関する日々の最新情報のほか、医療部門の準備状況に関する世界的データもダッシュボードに組み込まれます。これには、対応可能な医療従事者、病院のベッド、集中治療室(ICU)の密度が含まれます。

Esriのグローバル事業開発マネジャーのリンダ・ピーターズは、次のように述べています。「脆弱性に関する国・地方の格差は驚くべきものです。この違いが全体的な感染・健康リスクにいかに影響するかは、政府のロックダウンの規模やタイミングなどの重要な要素によって決まります。しかし、地理的比較は潜在的リスクの予測に役立ち、私たちは根底にある開発ニーズと各国医療部門の準備状況の大きな格差に気づくことができます。」

含まれている国勢調査データはパブリックドメインのものであるため(したがって、2010年国勢調査のサンプル)、ダッシュボードでは高齢者グループの2020年の人口のWorldPop予測も提供しています。これは、200カ国以上の性別と人口密度別に整理されています。

COVID-19に対処するための脆弱人口のデータとダッシュボードの詳細については、covid.pdp.unfpa.orgをご覧ください。

Esriについて

地理情報システム(GIS)ソフトウエア、ロケーション・インテリジェンス、マッピングの世界的市場リーダーのEsriは、入手可能な最も強力な地理空間クラウドを提供し、顧客がデータの潜在力すべてを活用して業績や事業成果を改善する手助けをしています。1969年に設立されたEsriのソフトウエアは、フォーチュン100企業の90社、50州すべての政府機関、大小すべての郡の半数以上、フォーブス米大学トップ100校のうち87校、米国政府の15省すべてや数十の独立機関など、35万を超える組織に導入されています。地理空間情報技術に対する先駆的取り組みにより、Esriのエンジニアはデジタル変革、モノのインターネット(IoT)、高度アナリティクスに対する最も高度なソリューションを構築しています。当社サイトのesri.comをご覧ください。

Copyright © 2020 Esri. All rights reserved. Esri、Esriの地球ロゴ、The Science of Where、esri.com、@esri.comは、米国、欧州共同体、その他の一定の司法管轄におけるEsriの商標、サービスマーク、登録商標です。本リリースで言及した他の企業・製品・サービスは、各所有者の商標、サービスマーク、登録商標である場合があります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Jo Ann Pruchniewski
Public Relations, Esri
Mobile: 301-693-2643
Email: jpruchniewski@esri.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91