医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2020年11月13日 (金)
 RSS

中国・深セン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 第22回中国国際高新技術成果交易会(CHTF2020)が、2020年11月11日に中国広東省の深セン会展中心で開幕しました。開会式には中国工程院の会員、世界各国の科学者のほか、ベルギー、オーストリア、スペイン、ポーランドの在中国領事が出席しました。



14万平方メートルの展示会場で5日間にわたって開催されるこのイベントには、国内および海外から3300社が出展し、140以上のアクティビティーが催されます。CHTF2020はIT、省エネルギー、環境保護、建築技術、新エネルギー、新素材、スマート医療、航空宇宙、オプトエレクトロニクス・ディスプレイ、スマートシティ、先進製造を含む多様なハイテク分野をカバーします。また、中国ハイテク・フォーラムが同時開催され、ハイテク開発の世界的専門家の識見と最新動向が共有されます。

CHTF2020の来場者は、LCD製品の表示効果を大幅に改善できるガラスベースのMiniLED、スマート時代の重要な原動力となる可能性があるCorerainのCAISAチップ、新素材の工業的利用を促進する可能性があるグラフェン強化複合被覆など、多数の革新的なハイテク製品に目を奪われます。このうち69個の製品は「CHTF2020優秀革新製品」としての評価を獲得しました。

また、海外からの多数の出展者が目立っています。ロシアの代表団は、クズバス州立工業大学とロシア心血管疾患複合問題研究所を含む17の出展者で構成され、無線科学、3D印刷、ナノ材料、複合心血管疾患、クリーンエネルギーに関わる中核的な技術を展示しています。

今回初参加のブラジルの代表団からは、ハイテク企業29社がオンライン展示会に出展しています。これらの出展者は、革新的なサトウキビ植え付けシステムなど、最新の農業技術のほか、デジタル通信その他の先端技術を披露しました。

CHTF2020に欠かせない一部である中国ハイテク・フォーラムは、「新時代、新技術、ニューエコノミー」、「世界を形作る新たな技術」などのテーマを持つ複数のフォーラムで構成されています。フォーラムでは、学者、世界最高の科学者、エコノミストのほか、IBM、ファーウェイ、ボッシュ、富士通、シスコ、チャイナ・モバイルなどの著名企業の経営幹部が技術革新、ウィンウィンの発展、パンデミック後の開発モードなどについて講演を行い、識見を共有しました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Ms. Peggie Wang
China Hi-Tech Fair Organizing Committee Office
Tel.: +86-755-82848962,
wangyq@chtf.com, 654333235@qq.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91