医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2020年12月9日 (水)
 RSS

Covid-19の拡散と闘い、院内感染を低減すべくUVDロボットを配備

デンマーク・オーデンセ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- UVC光の照射機能を搭載した自律型消毒用ロボットのメーカーであるUVDロボッツブルー・オーシャン・ロボティクスは本日、欧州委員会の通信ネットワーク・コンテンツ・技術総局(欧州委員会)に選定されたと発表しました。選定は、コロナウイルスと戦う欧州連合の病院に200台の自律型消毒用ロボットを供給することが目的です。欧州委員会が技術の卓越性と成熟度、配備手法の質、技術サポートと保守の応答時間、全体的価値を評価して消毒用ロボットの審査をしたところ、UVDロボッツの入札は1位にランクしました。UVDロボットは現在、最初のEU諸国10カ国超に導入中であり、今後さらに続きます。



欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は声明の中で、次のように述べています。「欧州委員会はEUの資金で200台の消毒用ロボットを購入し、欧州中の病院に配備して病室の消毒を支えます。私たちはこの困難な時期にできることはすべて行い、病院や患者さんを支えます。今後、さらに導入していきます。」

UVDロボッツのPer Juul Nielsen最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちは当社のUVDロボットが欧州委員会によって選定されたことに感激しており、これはこの種のサービスロボットの注文で最大規模であると思います。当社はこの種別で初のロボットのメーカーであり、自律型UVC消毒の世界標準を打ち立てました。こうした規模の注文は、UVDロボットの有効性をさらに示すものです。」

UVDロボットは、物体の表面や空気中にいるウイルスや細菌を消毒し、病室中の細菌や微生物の99.99%を約10分以内に殺菌することで、疾患の伝染を低減します。

UVDロボッツの親会社であるブルー・オーシャン・ロボティクスのClaus Risager最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社はCovid-19拡散との闘いを支えると同時に、院内感染の全体的な予防も向上させています。今回の注文により、当社は極めて重要な時期に、病院の医療スタッフ、患者さん、身内を保護するための支援をさらに推し進めることになります。」

UVDロボッツについて

UVDロボッツは、業務用サービスロボットの開発における世界有数のグループであるブルー・オーシャン・ロボティクスの独自ブランドであり、ブルー・オーシャン・ロボティクスにはGoBeロボッツPTRロボッツのブランドもあります。ブルー・オーシャン・ロボティクスはデンマークのオーデンセに本社を置き、サービスロボットの開発・製造・販売を行っています。

プレスキットはこらち

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Company:
Merima Cikotic
+45 7199 5606
mc@blue-ocean-robotics.com 

 

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91