医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年5月30日 (水)
 RSS

独自調査 <パキシル、ニューロタン、マイスリーの後発品に関する調査>

 
   後発品発売を6月に控えた後発品メーカーの活動状況は、いずれの製品も
  「4月から活発」が約3割で、「3月から活発」が1割強、「5月から活発」が約2割 

薬剤師調査MMPRでは、2012年5月に実施したパキシル、ニューロタン、マイスリーの後発品に関する調査結果
を公開しました。

〔調査結果概要〕
・後発品発売を6月に控えた後発品メーカーの活動状況は、いずれの製品も、「4月から活発」が約3割で、
 「3月から活発」が1割強、「5月から活発」が約2割という結果だった。

・各製品の今後の後発品変更方針は、「患者からの要望があれば変更」がもっとも多く、いずれの製品も 
 約5割であった。「積極的に後発品に変更」は、「ニューロタン」(22.0%)、「マイスリー」(18.0%)
 「パキシル」(12.5%)で、製品により方針の差があった。

 
・比較検討したメーカーはいずれも「未定」とする回答が最も多く、その比率は「パキシル」(49.0%)、
 「ニューロタン」(54.0%)、「マイスリー」(48.5%)であった。

・同様に、採用予定のメーカーも「未定」とする回答が最も多く、その比率は「パキシル」(60.5%)、
 「ニューロタン」(67.5%)、「マイスリー」(61.0%)であった。

・後発品メーカーの採用予定理由(重視する項目)は、いずれも「大手なので安心感がある」が最頻値で、
 次いで「供給体制」、「情報提供がしっかりしている」の順で、製品による重視する項目に違いは無かった。



 集計結果  

1.後発品発売を6月に控えたメーカー・医薬品卸の活動状況


3.パキシルの比較・検討したメーカーと採用予定




4.ニューロタンの比較・検討したメーカーと採用予定



5.マイスリーの比較・検討したメーカーと採用予定






◆ プレスリリース詳細はこちら 〔PDF〕 


   レポート  s製薬企業訪問実態調査レポート


  
  詳細・ご購入については こちら をご覧ください。


  


続きを読む…

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000007.php on line 82