医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年6月7日 (木)
 RSS

ダブリン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ヘルスケア製品世界的大手のコヴィディエン(NYSE: COV)は本日、非政府組織のブラジル脳卒中ネットワーク(BSN)を支援すると発表しました。当社は、ブラジルにおいて脳卒中の治療と予防に関して教育と意識の向上に努めるBSNの活動を制約なしの教育助成金で支援します。 BSNによれば、40万件近くの脳卒中がブラジルで毎年発生しており、うち10万件が致命的な症状で、同国では急性虚血性脳卒中が最大の死因となっています。 BSN会長のSheila Cristina Ouriques Martins博士(MD、PhD)は、次のように述べています。「私たちはこれまで高血圧・糖尿病・喫煙の管理を図ってきましたが、脳卒中の発生率と脳卒中による死亡率に影響を及ぼすことはできませんでした。十分な情報を得ていない住民に脳卒中の予防と治療に関する情報を提供することで、私たちは地域社会における健康を改善するという目的を前に進めることができます。ブラジルの医療界は脳卒中の低減に努めていますが、コヴィディエンによる今回の教育助成金によって我が国

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)