医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2021年5月5日 (水)
 RSS

スミスメディカルの戦略的投資を支えとする今回の商業提携により、患者の安全性と臨床効率を向上させるべく、クラス最高の輸液システムを提供へ

ミネアポリス & ボストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 医療機器の世界的リーダー企業であるスミスメディカルは本日、アイヴェニクスと独占的に提携したと発表しました。この提携により、両社は一連の医療におけるニーズを満たす包括的な輸液管理ソリューション群を米国で初めて提供する企業となります。この長期的な提携は、スミスメディカルによる戦略的投資を伴いながら、患者の安全性を向上させ、今日および将来の医療提供者のニーズを満たすために、輸液管理に革命を起こすことを共通目標として、革新企業2社を結び付けるものです。


アイヴェニクスは、輸液関連の患者被害の根絶に専心する医療技術企業であり、ポンプの安全性に絡んで繰り返し発生する問題に対処するための米国食品医薬品局(FDA)の最新輸液ポンプガイドラインを満たすべく、初にして唯一の大容量輸液ポンプを一から開発しました。患者の安全と臨床効率を確保することが、救命のための輸液管理を成功させる上で必須の要素となります。今日、輸液関連の過誤はFDAに毎年報告されている150万件の有害薬物事象の50%以上を占めており1、輸液関連の有害薬物事象は医療制度に年間20億ドル以上の負担を強いています2

スミスメディカルの市場有数の輸液システムであるCADD®-SolisとMedfusion®の補完的なポートフォリオには、シリンジポンプと携行用ポンプがあり、これらは成人および新生児の救命救急診療、手術室、病院および自宅の両方での疼痛管理に貢献しています。スミスメディカルは、アイヴェニクス・インフュージョン・システムを米国における当社の製品ポートフォリオに加えることで、20億ドル以上と推定される大容量輸液デバイス分野での製品提供を加速させます。

マサチューセッツ大学アマースト校の准教授で、看護工学イノベーションセンターの共同ディレクターのカレン・K・ジュリアーノ博士(Ph.D.、RN、FAAN、MBA)は、次のように述べています。「大容量IVスマートポンプを追究している研究者として、現在の製品には安全性や使いやすさに多くの問題があることをよく承知しています。IVスマートポンプの革新は長らく延び延びになっていたものであり、患者の安全という、この非常に重要な分野において、救命のための輸液や薬剤の供給のために、救急治療に当たる臨床医が検討できる新たな選択肢が得られたことをうれしく思います。」

スミスメディカルのJehanZeb Noor最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「スミスメディカルとアイヴェニクスの長期的提携により、次世代の輸液管理ソリューションを米国内の病院に確実に提供することができ、また患者さんを救命治療に結び付け、洞察的知見を医療提供者にもたらすという、私たちの約束を果たすことができます。当社がアイヴェニクスに投資することで、この極めて重要なリソースの継続的な発展に必要な研究開発を促進し、病院や医療体系に包括的なソリューションを提供することができます。」

アイヴェニクス・インフュージョン・システムには、投与セット付きの大容量輸液ポンプ、輸液管理ツール、ケアに当たって情報を提供して効率を高めるための分析機能が含まれます。本システムは2019年に510(k)認可を取得しており、安全性・簡便性・相互運用性を見直すことで、輸液供給の新基準を打ち立てました。このシステムは、患者と臨床医の両方を中心にすえており、輸液関連の過誤を低減し、総所有コストを削減するように設計されています。

アイヴェニクスのJorgen B. Hansen最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「今回の提携により、当社の輸液プラットフォームの販売先を拡大するとともに、両社が協力しながら、安全で総合的な輸液ケアを最高水準で実現できるよう、最先端の輸液ソリューションポートフォリオを提供することができます。」

スミスメディカルは、当社の輸液ポートフォリオの一部として、アイヴェニクス・インフュージョン・システムを2021年夏に発売します。

スミスメディカルについて

スミスメディカルは世界市場向けに特殊医療技術を供給する一流の革新企業として、薬物送達、バイタルケア、安全装置の各市場区分に傾注しています。詳細情報についてはwww.smiths-medical.comをご覧ください。

アイヴェニクスについて

アイヴェニクスは、輸液関連の患者被害を根絶することを理念とする医療技術企業です。当社は、輸液供給を変革する革新的なソリューションを開発するために設立されました。アイヴェニクスは、薬剤送達を簡素化し、輸液技術をデジタル時代に合わせるための輸液システムを一から設計しました。アイヴェニクス・インフュージョン・システムが搭載する大容量輸液ポンプは、簡素性、インテリジェンス、信頼性の新基準を打ち立てるようにロバスト設計した輸液管理システムで支えています。詳細情報については、ivenix.comをご覧ください。アイヴェニクス・インフュージョン・システムはFDAから認可されています。

参照資料:

  1. FDA報告書、社内資料
  2. ODPHP、「医療の質および患者の安全:有害薬物事象」(Health Care Quality and Patient Safety: Adverse Drug Events)、2017年

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For Smiths Medical:
Bob Josephson
Robert.Josephson@fticonsulting.com
203-914-2372

For Ivenix:
Caroline Curran
caroline.curran@metiscomm.com
910-409-4126

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91