医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2021年6月9日 (水)
 RSS

  • 未充足ニーズが高い腫瘍を標的としたIksudaの新世代抗体薬物複合体パイプラインを臨床段階に進め、それを加速させるための資金
  • 投資ラウンドを主導したのは韓国を拠点とするミレー・アセット・キャピタルとセルトリオン

英ニューカッスル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 治療指数を高めた新世代の抗体薬物複合体(ADC)の開発を手掛けるIksuda Therapeutics(Iksuda)は本日、ミレー・アセット・キャピタルとその子会社、セルトリオン、プレミア・パートナーズが共同で主導した4700万米ドル(約3400万英ポンド)の資金調達ラウンドを、アシュフォーズの助言を受けて完了したと発表しました。調達資金はIksudaの主力となるADC資産の発展と、ペイロードおよび複合体化のプラットフォーム技術の拡大を支えるものとなります。


Iksudaの前臨床段階の主力候補IKS03は、B細胞がんに対するベストインクラスのCD19標的化ADC候補です。今回の投資により、IKS03はヒト初回投与第1相臨床試験に進むことが可能となります。また本資金はIKS04およびIKS012を含め、早期段階にある当社プログラムのIND申請を加速させるためにも使用します。

IksudaのADCプログラムは、治療選択肢が現時点で限られていて、再発率が高い腫瘍を標的としています。当社の医薬品開発パイプラインは、腫瘍環境で活性化されるプロドラッグ・ペイロードと、新規の専有的なPermaLink®プラットフォームを含む安定した複合体化技術の組み合わせにより、安全性と効能を向上させることを中心に据えています。Iksudaの研究段階のパイプラインは、腫瘍環境で活性化される専有的ペイロードプラットフォームのProtein Alkylating(ProAlk、タンパク質アルキル化)を利用していますが、この技術はゲッティンゲン大学から最近ライセンスを取得したものです1。この分野で鎖内またはDNA鎖間の架橋が主に重視されているのと異なり、調整可能なProAlkペイロード・シリーズの新規作用機序は、薬剤耐性および腫瘍抵抗性の機序に対抗できる利点をもたらすものであり、より強力で忍容性が高いADCの開発ができます。

Iksuda Therapeuticsの最高経営責任者(CEO)であるデイブ・シンプソン博士は、次のように述べています。「今回の投資は、Iksudaに変革をもたらす重要な成果であり、これにより当社は業界をリードするADCプログラムの前進に集中し、製品を診療現場に届けると同時に、当社の商業的成長を支えることができます。今回の資金調達は当社技術の将来性のみならず、Iksudaのチームの比類なき専門性を反映しています。私たちは、これら投資企業のグループによる支援に感謝しており、これらを当社チームに迎えることができて大変うれしく思います。」

投資企業であるミレー・アセット・キャピタルのJi Kwang Chung氏は、次のように述べています。「私たちは、Iksudaの手法とこれまでに達成した前進、そして同社のリーダーシップに強い感銘を受けました。この投資ラウンドを主導し、Iksudaのチームが非常に有望なADC候補のパイプラインを前進させることに貢献できて大変うれしく思います。」

セルトリオンのWoosung, Kee最高経営責任者(CEO)は、次のように付け加えています。「Iksudaは、既存の治療手法に抵抗性を示す腫瘍の治療に取り組むことで、ADC技術の限界を、そして結果的に患者さんにとっての治療選択肢を拡大しています。セルトリオンは、世界中で健康と福祉を促進できるよう、成功している独特の次世代型手法を取り入れながら、革新的治療法の未開拓領域を切り開く活動を意欲的に行っていますが、Iksudaのこの取り組みは当社のこうした活動を理想的な形で補完するものです。私たちはIksudaがこれまでに達成した前進に強い感銘を受けており、協力して同社の使命を支えていきたいと思います。」

  1. プレスリリース:Iksudaがゲッティンゲン大学とライセンス契約を締結(2020年10月13日)https://iksuda.com/2020/10/iksuda-enters-license-agreement-with-university-of-goettingen

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Zyme Communications (Trade and Regional Media)
Lorna Cuddon
Tel: +44 (0) 7811 996 942
lorna.cuddon@zymecommunications.com

 

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91