医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2022年5月20日 (金)
 RSS

スイスの科学者による新しい研究(Cell Reports Medicineに掲載)で、ウロリチンAのサプリメントが4カ月後に筋力に対して運動と同様の効果(12%増)を示した

これは中高年層におけるウロリチンAの初めての臨床試験であり、また強力なミトコンドリア再利用機構であるマイトファジーをヒトで示した初めての例

スイス・ローザンヌ & サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- スイス連邦工科大学(EPFL)のスピンオフ企業で、細胞の健康と栄養における科学的ブレークスルーを先駆的に切り開いているアマゼンティスは、臨床・トランスレーショナル医学の査読誌Cell Reports Medicineに、腸内微生物叢のポストバイオティクス「ウロリチンA」が筋肉の健康に役立つことを示す新しい臨床結果が掲載されたと発表しました。加齢に伴う筋肉の衰えは、早ければ40歳くらいから始まりますが、現時点で運動以外に有効な対策はありません。


今回の節目となる成果を生み出した研究では、アマゼンティスの専有的なウロリチンA成分であるマイトピュア(マイトピュア)を毎日摂取することで、4カ月後に筋力が12%と大幅に向上することが示されました。これらの知見は、筋肉とミトコンドリアの健康に対するマイトピュアの利点をさらに確認するもので、安全性と忍容性が高いことを示しています。マイトピュアは、加齢の過程で、細胞の発電所であるミトコンドリアを更新する能力を支えることで機能します。筋肉はエネルギー需要が高く、筋肉細胞には非常に多くのミトコンドリアが存在します。

これまでの研究で、マイトピュアは65歳から90歳の高齢者において、筋持久力の向上、炎症の低減、ミトコンドリアの健康的機能の改善をもたらすことが明らかになっています。40~64歳の中高年者(n=88)を対象とした今回の新しい二重盲検プラセボ対照試験は、カナダ保健省および独立IRBからの承認に基づき、カナダのオンタリオ州ロンドンで実施されました。参加者は、500mg、1000mgのマイトピュア、プラセボのいずれかを4カ月間にわたり毎日摂取する群にランダムに割り付けられました。筋力、運動能力、骨格筋生検試料と血漿中の健康なミトコンドリア機能と炎症のバイオマーカーが、ベースライン、2カ月、4カ月の時点で評価されました。

  • 骨格筋の強さの2つの指標は、プラセボ群と比較してサプリメント群で改善された。ハムストリング筋の筋力は、500mg(+12%)と1000mg(+9.8%)の両群で有意に増加した。膝関節屈曲時の筋力も500mg投与群(+10.6%)と1000mg投与群(+10.5%)の両方で有意に改善された。
  • 有酸素持久力(ピーク時酸素消費量[VO2]で+10%)、体力(6分間歩行テストで+33メートル)、出力(+5%)について、統計的に有意ではなかったが、1000mg投与群で臨床的に意味のある改善が観察された。
  • 血液検査と生検では、健康なミトコンドリア機能のバイオマーカーが有意に改善され、炎症が低減したことが示された。

共著者であるJohan Auwerx教授(MD、PhD、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL))は、次のように説明しています。「これらの結果は、ウロリチンAがマイトファジーを介してミトコンドリアを修復し、有意義な生理学的効果につながることをヒトで初めて実証したことになり、非常にエキサイティングなものです。さらに、筋力と運動能力の向上は、参加者の運動習慣を変えることなく起こりました。」

これは、長寿と筋肉の健康に関する研究において重要な発見です。加齢はミトコンドリア機能の低下と関連しており、この低下は運動能力、筋持久力、筋力の低下につながる可能性があります。ウロリチンAは、マイトファジーと呼ばれる強力な生物学的品質管理機構を通じてミトコンドリアを更新することで筋肉機能を改善することが臨床的に示された化合物として、初にして唯一のものです。この重要な生物学的経路を活性化することで、マイトピュアは健康的な老化と筋肉の健康およびパフォーマンスの改善を促進します。

アマゼンティスの最高経営責任者(CEO)で共同設立者のクリス・リンシュは、次のように述べています。「この研究は、活力の重要な柱としてのミトコンドリアの健康の役割をさらに確認するものであり、マイトピュアが筋肉の健康に有意義な影響を与えるクラス初の栄養素であることを示しています。当社は、この専有的な形態のウロリチンAを当社のタイムライン(Timeline®)ブランドおよびネスレ ヘルスサイエンスの製品で提供できることを誇りに思います。私たちは、何百万人もの人々が健康と寿命を改善できるようにすることを使命とし、細胞の健康を最適化することが臨床的に検証された製品を開拓することに一貫して傾倒しています。」

また、アマゼンティスは、Dr. Eric Verdinがアマゼンティスの科学諮問委員会に参加したことを発表しました。Dr. Verdinは、バック加齢研究所の所長兼最高経営責任者(CEO)で、すべての人を健康な百寿者にすることを目標に、長寿の研究にそのキャリアを捧げています。

Dr. Eric Verdinは、次のように述べています。「ミトコンドリアの減少は、加齢と代謝の健康状態の悪化の重要な特徴です。この研究は重要な節目となる成果であり、ウロリチンAが私たちの分野の状況を一変させるものとなり得ることを示しています。」

Doi: 10.1016/j.xcrm.2022.100633

アマゼンティスについて

アマゼンティスは革新的なライフサイエンス企業として、今日の先導的な研究と臨床科学を動員して、ミトコンドリアの健康を目標とした次世代製品を開発し、高度な栄養の実現に取り組んでいます。アマゼンティスはネイチャー・メディシン(doi:10.1038/nm.4132)、ネイチャー・メタボリズム(doi: 10.1038/s42255-019-0073-4)、JAMA Network Open(doi:10.1001/jamanetworkopen.2021.44279)、European Journal of Clinical Nutrition(https://doi.org/10.1038/s41430-021-00950-1)などの最有力査読誌でウロリチンA製品のマイトピュアに関する研究を発表してきました。当社はネスレ ヘルスサイエンスと世界的な戦略的提携関係を構築しており、ミトコンドリアや細胞の健康に関連したマイトピュアのヘルスアプリケーションの拡大に当たっています。アマゼンティスの詳細情報については、www.amazentis.comをご覧ください。

マイトピュアについて
マイトピュア(Mitopure™)は高純度のウロリチンAです。ウロリチンAは、ザクロなどの特定食品を食べた時に腸内細菌によって産生される食物代謝産物として生理活性を持ちます。ただし大半の人々にとって、この特殊な栄養成分を食品のみから十分に摂取することは困難です。マイトピュアは、老化し傷ついたミトコンドリアを細胞から取り除き、健康なミトコンドリアが成長できるようにするためのプロセスであるマイトファジーを促進することで、ミトコンドリア機能を改善することが示されています。マイトピュアは米国食品医薬品局(FDA)による審査で有利な結果が得られており、GRAS(一般に安全と認められる)成分申請に対して安全であると見なされています。マイトピュアは栄養補助食品としてヒトでの使用を支える前臨床と臨床の評価が広範に行なわれています。詳細情報についてはwww.mitopure.comをご覧ください。

タイムラインについて
タイムライン・ニュートリション(Timeline® Nutrition)は、マイトピュアの発明者が提供しています。この斬新で科学ファーストのブランドは、妥協のない研究によって、細胞の健康を最適化するための臨床的に検証された栄養製品の新しいクラスを切り開くことができるという信念に基づいて、アマゼンティスが開発したものです。詳細情報については、www.timelinenutrition.comをご覧ください。

関連リンク
https://www.timelinenutrition.com
https://www.amazentis.com


Contacts

Federico Luna
Chief Marketing Officer, Amazentis
press@amazentis.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

( ! ) Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001219968{main}( ).../index.php:0
20.0002222800require( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
30.204230515632require_once( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:16
40.205130537648include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single.php' ).../template-loader.php:89
50.205330559192include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php' ).../single.php:10