医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年10月17日 (水)
 RSS

米カリフォルニア州リバーサイド--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- オルファクター・ラボラトリーズは世界レベルの技術を前進させました。蚊刺を過去のものにする可能性があるもので、早くも2013年には市場投入すべく準備しています。 Olfactorはカリフォルニア大学リバーサイド校および有害生物駆除の多国籍会社との2年間にわたる集中的な共同研究を経て、蚊の穿刺行動を実際に変えることができる化学技術を発表しました。これはマラリアや西ナイル熱などの蚊媒介性疾患との闘いにおいて、飛躍的な進歩の可能性を秘めるものです。 Olfactorの研究者らは、皮膚に塗布することなく、空中を通じて拡散する混合化合物として、蚊とヒトの接触を大幅に低減するものを調合しました。この化学技術は蚊の二酸化炭素検知能力を混乱させるもので、この能力は蚊がヒト血液などの血液餌を発見する手段となっています。 オルファクター・ラボラトリーズのスティーブ・アボット社長は、次のように述べています。「蚊が二酸化炭素を認識できなくなれば、被穿刺者の位置を認識して穿刺する蚊の能力は大きく制限されます。当社の技術に

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91