医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年10月26日 (金)
 RSS

マイアミ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 複数の抗血小板薬を対象とした血小板反応性の測定を目的とし、迅速性と使いやすさを備えた初のポイント・オブ・ケア・システムのVerifyNow®システムを開発したアキュメトリクスは本日、2012年度トランスカテーテル心臓血管治療学会(TCT)において、「薬剤溶出ステントによるデュアル抗血小板療法の評価」(ADAPT-DES)レジストリーから得られた1年目の結果についてプレゼンテーションを行ったと発表しました。本研究の知見は、血小板反応性と、12カ月後のステント血栓症、心筋梗塞、死亡の間に有意な相関関係があることを示しています。ADAPT-DESでは既に、高い残存血小板反応性(HRPR)の患者、すなわちアキュメトリクスのVerifyNow P2Y12検査で高い値を示す患者が、30日後のステント血栓症の発生率が約4倍高いことが示されています。この相関関係は、1年後もステント血栓症の発生率がHRPR患者において2.5倍高いことから、フォローアップ中も継続して見られました。VerifyNow P2Y12検査およびVerifyN

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91