医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年12月25日 (火)
 RSS

米カリフォルニア州デービス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 環境と人々の健康に貢献する技術と製品の開発に傾注する農業技術企業アルカディア・バイオサイエンスは本日、国連気候変動枠組条約のクリーン開発メカニズム(CDM)理事会がアルカディアの手法を承認したと発表しました。この手法は、窒素利用効率(NUE)の高い種子を併用して肥料の使用量を減らすことにより農業生産者がカーボンクレジットを獲得できるようにするものです。アルカディアのNUE技術を活用することで、窒素肥料の使用量を大幅に減らしながら作物の高い収穫量を維持することができます。承認された手法は、高NUE種子を用いて栽培されるすべての作物に適用可能です。 世界的に、農業は温室効果ガス(GHG)排出量が2番目に大きい産業であり、一般的に窒素肥料の使用がそれら排出量の最大要因です。その影響の重大さにもかかわらず、低炭素のための慣行・技術の採用奨励に向けた多くの取り組みは農業を度外視していました。CDMは、京都議定書に基づく法的メカニズムです。このメカニズムにより、途上国は炭素削減に関する承認済みの手法を実施する

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91