医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2012年12月25日 (火)
 RSS

米マサチューセッツ州マンスフィールド--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- ヘルスケア製品世界的大手のコヴィディエン(NYSE:COV)は本日、慢性静脈不全(CVI)患者におけるClosureFast™長期欧州多施設試験(ClosureFast™ Long-Term European Multi-Center Study)の5年間の結果を発表しました。本試験は、CVIに対する低侵襲血管内治療法の5年間における転帰を評価する試験です。 ClosureFast試験は前向き試験として、欧州の8施設で実施されました。高周波アブレーション(焼灼)カテーテルClosureFastを使用したVenefit™療法により、表在静脈逆流と診断された患者225人の下肢295本に対し治療が実施されました。表在静脈逆流は静脈瘤とCVIの根本原因です。この進行性の疾患は下肢の静脈を冒し、血液を心臓へ戻す能力を損なわせます。この病気は世界的に問題となっており、実際のところ米国だけでも3000万人以上の人々がその影響を受けています1。治療せずに放置した場合、静脈瘤はCVIへと進行する可能性があり

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91