医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2013年1月24日 (木)
 RSS

サンアントニオ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- キネティック・コンセプツは本日、Journal of Vascular Surgery誌に発表された研究1において、Prevena™切開管理システムが血管手術後の患者における鼠径部手術部位感染(SSI)の発生率を有意に低減したことを確認しました。 鼠径部の創感染は、血管手術患者における術後合併症の大きな原因です。諸研究によれば、鼠径部SSIにより入院期間が9日間以上延長し、感染1件当たり2万ドル以上の治療費負担が医療施設にのしかかり、患者の生活の質に悪影響を与える可能性があります1。Prevena™療法によってこれらの費用を大幅に低減できることが証明されています。 ルイジアナ州立大学が実施した今回の研究の著者の1人であるTim Matatov医師(MD)は、次のように述べています。「血管手術の件数は増大する傾向にあり、その逆ではありません。この研究は、Prevena™療法を活用することで、感染などの術後合併症のリスクがある患者において、手術関連感染を低減できることを示しました。」 今回の後ろ向き研究では、血管

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91