医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2013年3月11日 (月)
 RSS

独自調査 <薬剤師マンスリーリサーチ:2013年2月調査結果>

後発品使用が進むと思う先発品「アレグラ」が19.7%でトップ


医療経営コンサルティング、薬剤師を対象としたプロモーション及び調査を行う株式会社ネグジット総研(所在地:兵庫県神戸市、代表取締役社長:八田 光)は、2013年2月に実施した薬剤師マンスリーリサーチに関する調査結果を公開しました。
 ■ 調査結果概要
・ 2013年1月、薬剤師が患者さんから「薬の問合せ、苦情・副作用の訴え」で記憶に残っている製品は、
  「タミフル」(3.2%)が最も高く、次いで「イナビル」(2.3%)が最も高い。
  「説明に苦労した、困った製品」は、「イナビル」(5.8%)が最も高く、次いで「リレンザ」(3.4%)が
  続く。

・ 2013年1月、薬剤師がドクターから聞いた「製品見直し(増減)」の意向は、「イナビル」(2.3%)が最
  も高く、次いで「アミティーザ」(1.9%)が続く。
  「ドクターに情報提供した製品」は、「アレグラ」(3.2%)が最も高く、次いで「イナビル」(2.3%)が
  続く。
 

・ 2013年1月、薬剤師が参加した「製薬企業勉強会(主催・共催)」は、「武田薬品」(5.1%)が最も高く、
  次いで「大日本住友製薬」(2.4%)が続く。
  「新たに知り得た製品知識」は、「ロトリガ」(1.3%)が最も高く、次いで「イナビル」(1.1%)が 
  続く。 

・ 2013年1月、「今後、後発品の使用がより進むと薬剤師が思う先発品」は、 「アレグラ」(19.7%)が
  最も高く、次いで「ガスモチン」(12.4%)が続く。
 ■ 集計結果

【1】 患者対応:
薬の問い合わせ、苦情、副作用の訴えなど印象に残った製品
順 位
製 品 名
件数
割合
1 位
タミフル
17
3.2%
2 位
イナビル
12
2.3%
3 位
リリカ
8
1.5%






説明に苦労した、困った製品
順 位
製 品 名
件数
割合
1 位
イナビル
31
5.8%
2 位
リレンザ
18
3.4%
3 位
シムビコート
9
1.7%





【2】 医療機関動向:
製品見直し(増減)のドクター意向
順 位
製 品 名
件数
割合
1 位
イナビル
12
2.3%
2 位
アミティーザ
10
1.9%
3 位
アイミクス
9
1.7%





ドクターに情報提供した製品
順 位
製 品 名
件数
割合
1 位
アレグラ
17
3.2%
2 位
イナビル
12
2.3%
3 位
フェキソフェナジン塩酸塩(一般名)
9
1.7%






【3】製薬企業動向:
参加した製薬企業勉強会(主催・共催)
順 位
製 品 名
件数
割合
1 位
武田薬品
27
5.1%
2 位
大日本住友製薬
13
2.4%
3 位
ファイザー
12
2.3%





新たに知り得た製品知識
順 位
製 品 名
件数
割合
1 位
ロトリガ
7
1.3%
2 位
イナビル
6
1.1%
3 位
タミフル
5
0.9%





【4】スポット調査:
後発品の推進がより進むと思う先発品(スポット調査
順 位
製 品 名
件数
割合
1 位
アレグラ
105
19.7%
2 位
ガスモチン
66
12.4%
3 位
アレロック
44
8.3%










◆ プレスリリース詳細はこちら 〔PDF〕 
◆ 薬剤師マンスリーリサーチ 主要調査結果はこちら 〔PDF

 ■ レポートのご提供について
薬剤師マンスリーリサーチ:2013年2月調査結果レポート販売

「薬剤師マンスリーリサーチ」の調査結果レポートを毎月販売しております。
詳細・ご購入についてはこちらををご覧ください。

 ■ プレスリリースに関するお問い合わせ
本件に関するお問合せ先
株式会社ネグジット総研 MMPR部
担当:山下/池田
TEL:078-393-2162 FAX:078-393-2180
ネグジット総研 お問合わせ:
http://www.mmpr.jp/inquiry_list/

続きを読む…

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000007.php on line 82