医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2013年3月12日 (火)
 RSS

サンディエゴ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 市場有数のVerifyNow®システムを開発したアキュメトリクスは、血小板反応性検査の臨床的有用性の根拠を固める一連の重要データが公表されたと発表しました。ステント治療を受けている高リスク患者を対象とする医療の現場における転帰データ、費用対効果分析、治療域の妥当性によって、血小板反応性検査が世界中で抗血小板療法を受けている数多くの患者のケアクオリティーを改善する上で、極めて重要な要素であることが一貫して実証されています。 コネティカット大学薬学部のクレイグ・I・コールマン薬学准教授(PharmD)の口頭発表において、費用対効果分析のデータについて説明されました。このデータから、血小板反応性を基本とする抗血小板療法戦略がPCI患者すべてにおいて、クロピドグレルの後発医薬品を使用する場合の一般的な療法と比べ、費用対効果が高いことが実証されました。コールマン准教授はこの発表に先立ち、ワシントンDCで開催された2013年心血管研究技術会議(2013 annual Cardiovascular Research Tech

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91