医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2013年7月31日 (水)
 RSS

米マサチューセッツ州ダンバース--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 米マサチューセッツ州ダンバースのセル・シグナリング・テクノロジー(CST)は本日、PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)診断検査分野におけるALK遺伝子再構成の検出と関連したCSTの特許権につき、セフィエドに対し世界規模の非独占的ライセンスを供与したと発表しました。セフィエドは、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)遺伝子再構成を持つ非小細胞肺がん(NSCLC)患者を同定するための検査法を開発します。 肺がんは、がんによる死亡原因として世界で第1位となっており、毎年160万人以上が新たに肺がんと診断されています。肺がん患者の約85パーセントは非小細胞型を罹患し、進行がんの診断を受けるのが一般的で、生存率は非常に低くなっています。予備的な疫学研究は、NSCLC患者の約3~5パーセントがALK融合遺伝子陽性の腫瘍を持っていることを示しています。 CSTとその提携先の1つは、EML4-ALK転座の検出を対象とする知的財産における重要な権利を保有しています。特許権にはIHC(免疫組織化学)・PCR・遺伝子シーケンシ

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91