医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2013年9月25日 (水)
 RSS

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 長年にわたり米作家協会の事務局長を務めているポール・エイケンは本日、初期の筋委縮性側索硬化症(ALS)を患っていることを発表しました。ALSは米国ではルー・ゲーリック病、英国では運動ニューロン疾患としても知られている致死的な病気です。確立した治療法も有効な治療薬もない疾患で、全世界で毎年12万5000人と推定される方々が死亡しています。 エイケン(54歳)は、腰部と下肢の疼痛に対する一連の硬膜外ステロイド注射の4回目を8月7日に受けた後、下肢におけるALSの症状が好転したと述べています。その2日前、ワイルコーネル末梢神経障害センターの医師らは、筋電図検査でエイケンの下肢・上肢・背部・舌に線維束性攣縮を発見していました。線維束性攣縮はALSの症状である不随意筋けいれんです。 エイケンによればそれとは別に、最初の症状となった不明瞭発語が現れて間もない5月23日の朝に、重度のアレルギー反応に対処するためにセントルークス病院救急救命室の医師から経口ステロイド剤を与えられました。エイケンの妻は、ステロイドを2回服用した後

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91