医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2014年3月4日 (火)
 RSS

韓国・ソウル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- STC Life Co., Ltd.(会長:KYE HO LEE)の幹細胞研究所と97.7 B&H Clinic(代表医師:WON JU JUNG)は、脳卒中患者の間葉系幹細胞治療を成功裏に完了しました。 脳卒中は脳の一部または全体の機能障害で、相当な時間にわたって継続するものを指し、その原因は脳血管疾患以外に発見されていません。脳卒中は脳血管疾患を原因とする疾患の一般的な名称で、脳血管の突然の循環障害が原因の脳血管疾患を指すのが通例です。脳卒中は意識喪失と体のまひをもたらします。脳卒中はその原因にかかわらず、突然の神経機能障害の結果として発生し、その症状は頭痛、嘔吐、半身まひ、身体の一部まひ、体の一部の感覚まひ(ないし喪失)です。 97.7 B & H Clinicは脳卒中患者の静脈に幹細胞を2週間の間隔で5回投与しました。成人幹細胞の一種である間葉系幹細胞は、組織再生に広く使用されています。STC Lifeの幹細胞研究治療センター(Ph.D: SANG YEON LEE)は胎児の臍帯から採

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)