医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2014年3月14日 (金)
 RSS

韓国・ソウル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- STC Life Co., Ltd.(会長:KYE HO LEE)の幹細胞研究所と97.7 B&H Clinic(代表医師:WON JU JUNG)は、カナダ・カルガリーから韓国を訪れた肺線維症患者の間葉系幹細胞治療を成功裏に完了しました。 肺線維症は、肺組織が一貫して破壊されながら線維組織が過剰形成されることによって生じる疾患です。瘢痕組織が徐々に肺全体に広がるため、酸素摂取量は減少し、呼吸が困難となります。肺線維症は、患者の免疫系が自らの組織を攻撃する自己免疫疾患の一種です。特に、肺線維症は、重度の自己免疫疾患の患者で多く見られると報告されています。 今回の患者は、3年前に自己免疫疾患の一種である肺線維症であると診断されました。体重減少、血流速度低下、呼吸困難の症状が原因で、患者は普通の生活を送ることが困難になりました。 Sang Yeon Lee(ph.D)が率いるSTC Life幹細胞研究センターの研究チームによれば、治療前の患者は血流と呼吸に問題があり、はっきり発音することができませんでした

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)