医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2014年4月13日 (日)
 RSS

ストックホルム--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- 欧州泌尿器学会(EAU 14)で本日発表された新しい患者調査データから、夜間頻尿(一晩に1回以上、就寝後に排尿のために目覚める場合)が健康効用、労働生産性、健康に関連した生活の質(HRQL)に強い悪影響を与え、その影響は疾患の重症度ともに大きくなることが示されました1,2。 欧州および米国の医師と、それぞれの泌尿器科患者(n=8738)に対する横断調査から得られたデータの分析から、夜間頻尿が原因の排尿回数が増えるに従い、健康効用、労働生産性、HRQLの各指標が低下することが示されました1。 夜間頻尿がもたらす深刻な影響の1つは、排尿が必要になって頻繁に目覚める結果、患者の睡眠が中断されることです。特に、最も影響が大きくなる傾向を持つのは、入眠後の最初の4時間において、体力を回復させる徐波睡眠が中断される場合です。臨床現場環境で得られた結果は、患者の夜間頻尿の重症度(初回安眠時間(FUSP)によって測定)が、患者の活動レベル、翌日のリフレッシュ感、昼寝の平均回数、HRQLに有意な悪影響(p<0.0

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91