医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2014年4月14日 (月)
 RSS

米ニューヨーク州レンセラー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- バイオイニシアチブ・ワーキング・グループは無線技術による健康リスクの証拠はますます強まっているため、緊急の対応が必要であることを主張します。当グループは2012年から2014年の新しい科学研究を調査した中間アップデートを発表しました。 新しい研究は、携帯電話の使用による悪性脳腫瘍発症に対する医学上の懸念を強めるものです。2012年から2013年までに発表された研究に基づき、オレブロ大学(スウェーデン)のLennart Hardell博士(MD)は、次のように述べています。「携帯電話やコードレス電話の使用によってグリオーマ(悪性脳腫瘍)と聴神経腫瘍のリスクが増大するパターンが一貫して見られます。疫学的証拠は、高周波を人体に対する既知の発がん因子に指定すべきであることを示しています。既存のFCC/IEEEやICNIRPの公衆安全限度は、公衆の健康を守るには不十分です。」 バイオイニシアチブは、高周波照射に関する2014年の研究の68%(211件中144件)で示された神経系への影響を報告しています。こ

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)