医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2014年5月28日 (水)
 RSS

パリ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- コヴィディエンは本日、当社のILLUMENATE First-in-Human (FIH、ヒト初回投与)試験における新しい24カ月データを発表しました。このデータによれば、薬剤被覆血管形成術用バルーンStellarex™(Stellarex DCB)は、依然として末梢動脈疾患(PAD)の治療手段として安全かつ有効であることが示されています。Stellarex DCBが活用するEnduraCoat™技術は、耐久性と均一性を備えたバルーン被覆技術として、通過時の薬剤損失を防ぎ、治療部位へ制御された形で効果的に薬物を送達できるようにするものです。FIH試験の結果は、2014年5月20~23日にパリで開催中のEuroPCR科学会議で報告されました。 ランセット誌によれば、2010年に欧州で4050万件のPAD症例が報告されています1。PADは最も一般的な血管疾患の1つで、心臓発作、脳卒中、四肢切断、死亡をもたらします。PADは下肢の動脈がプラークによって狭くなるか閉塞した場合に発症します。これらの閉塞は、重度の疼痛、身体可動

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91