医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2014年7月2日 (水)
 RSS

英チャルフォントセントジャイルズ--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- GEヘルスケアは本日、欧州医薬品庁ヒト用医薬品委員会(CHMP)から肯定的意見を得たと発表しました。意見はビザミル(フルテメタモールF18注射剤)に対する市販承認の付与を勧告するものです。ビザミルは、アルツハイマー病(AD)その他の認知障害の原因に関する評価を受ける認知症成人患者を対象に、脳内ベータアミロイド老人斑密度のポジトロン断層撮影法(PET)を適応とする放射性医薬品です。ビザミルは診断のみを用途とし、臨床評価と組み合わせて使用すべきものです。 GEヘルスケアのライフサイエンス担当プレジデント兼最高経営責任者(CEO)であるKieran Murphyは、次のように述べています。「GEヘルスケアは長年にわたり、ADの病因を早期かつ正確に見つけ出し、患者とケア提供者の生活の質を改善するために真剣な努力を積み重ねていますが、CHMPの肯定的な勧告はこうした取り組みを一層浮き彫りにするものです。欧州連合で承認を取得すれば、ビザミルはADなど認知障害の患者の評価を支える上で、重要なツール

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91