医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2014年11月10日 (月)
 RSS

米カリフォルニア州エメリービル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- キネメッド(www.kinemed.com)は本日、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団より期間3年の助成金の供与を受けたと発表しました。助成金の使用目的は、当社専有の新規の非侵襲的骨格筋量測定法を早産児・満期出生児および幼児に適用することです。主任研究員を務めるウィリアム・エバンス博士は、キネメッドの筋肉・健康部門長です。研究では初めて、出生後1年間にわたって骨格筋量の測定が行われます。このプロジェクトから得られる情報は、筋喪失をもたらす栄養状態やその他要因の影響評価法を改善する上で、新たな知見を提供するものです。 小児期の栄養不良と発育不全は、個人が潜在力をフルに発揮して成人になる能力に対し、長期的な影響を与える可能性があります。世界保健機関によれば、2013年に世界各国で5歳未満の小児1億6150万人が発育不全となっています。キネメッドの社長兼最高科学責任者(CSO)であるマーク・ヘラースタイン(M.D.、Ph.D.)は、「発育不全と栄養不良/クワシオルコルは、世界各国で依然として公衆衛

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91