医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2014年11月19日 (水)
 RSS

シエラレオネ・フリータウン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- シエラレオネの医師やその他の専門家のグローバルチームから構成される組織のシエラレオネ・アクションは本日、フレゼニウスカービが9台のFenwal Autopheresis-C®装置、必要な関連物品すべて、エボラウイルス病に対する治療法を学ぶための訓練資源を寄贈したと発表しました。シエラレオネ・アクションは、シエラレオネ政府と密接に協働する事業実施パートナーの1つで、同国内で回復期血清療法(CST)の臨床試験とCST治療を開始すべく準備しています。同国で血清療法が実施されるのは初めてです。 CSTは、ウイルスと闘う患者の免疫系を活性化してウイルスを撃退する試みとして、エボラ生存者が献血した血液を使用して現在の患者の治療を行うものです。 Autopheresis-C®システムは全自動式の血漿分離交換装置です。ドナーの血漿のみを回収し、赤血球や血小板を含むその他の血液成分をドナーに戻します。 発表に際し、米国ノースカロライナ大学チャペルヒル校の臨床助教授でシエラレオネ・アクションの創立メンバーのDr. S

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91