医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2010年4月16日 (金)
 RSS

米ノースカロライナ州リサーチ・トライアングル・パーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 創薬企業のサイネクシスは本日、C型肝炎ウイルス(HCV)感染症の治療で研究されている新規の経口サイクロフィリン阻害剤SCY-635について、オーストリアのウィーンにおける欧州肝臓学会(EASL)第45回年次総会で2件の別個の研究結果を発表しました。最初の発表はin vitro研究の結果を概括するもので、SCY-635はほかのサイクロフィリン阻害剤と異なり、15日間の臨床試験で増加した高ビリルビン血症のリスクに関係ないことを示しています。これらのデータは、SCY-635がサイクロフィリン阻害剤のクラスにおいて独自に位置づけられる可能性を示すものです。2つ目の発表は、SCY-635のin vitroにおけるコラーゲン産生と線維症に及ぼす影響を概括したもので、SCY-635 が実証された抗HCV活性とは独立に抗線維化活性を持つ可能性を示しています。SCY-635は2010年後半にHCVの第2相試験に入ります。 サイネクシス最高経営責任者(CEO)のYves Ribeill博士は

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91