医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2010年5月19日 (水)
 RSS

米コネチカット州ノースヘブン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ヘルスケア製品の供給で世界をリードするCovidien(NYSE: COV)は本日、SILS単孔式手術を含む先進腹腔鏡下手術向けに、関節屈曲縫合デバイス「SILSステッチ」(SILS™ Stitch)の世界的発売を発表しました。このSILSステッチ・デバイスは当社のSILS製品ライン、さらに内視鏡的縫合ポートフォリオを拡大するもので、この中には今日有数の自動内部縫合製品であるエンド・ステッチ(Endo Stitch™)のデバイスとリロードなどがあります。 新しいSILSステッチ・デバイスは、関節機能と回転先端部を持ち、最適な可動性を実現した唯一の自動縫合デバイスです。75度の関節屈曲、360度の先端部の回転、伸張機能を含むその新機能によって、外科医はアクセスと操作性を改善することができます。この独自の組み合わせにより、最も困難な角度での腹腔鏡下手術でさえも最高レベルのコントロールと比類なきアクセスを提供することで、内視鏡的縫合のパフォーマンスが次のレベルへと格上げされます。 デューク大学医療セン

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)