医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2015年9月17日 (木)
 RSS

内視鏡治療分野の強化へ

東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- HOYAグループ PENTAX Medicalはこのたび、イギリスのCreo Medical Ltd.(クリオ  メディカル社、以下Creo Medical社)に出資する契約を2015年9月10日に締結したことを発表しました。関係当局の承認を得次第、PENTAX MedicalはCreo Medical社の株主の一員となります。


医療用軟性内視鏡の製造・販売を手掛けるHOYAグループPENTAX Medical事業部は今回の戦略的な出資を通じて、内視鏡治療領域におけるラインナップ強化を図り、市場の拡大と成長を加速させます。

軟性内視鏡は処置具と組み合わせることで、病変部分の粘膜組織を採取したり、その場で治療を施すなど、「見る」だけでなく低侵襲医療に不可欠な医療機器として発展を遂げています。低侵襲医療は患者様への便益が大きく、また医療費の抑制にもつながるため、消化器をはじめとする様々な領域で高度医療として世界中の医療現場に採用されつつあります。

PENTAX Medical事業部チーフマーケティングオフィサー、David Woodsは次のように述べています。「PENTAX Medicalの内視鏡のさらなる成長に重要な戦略の一ステップとして、技術革新力の高いCreo Medical社に出資します。内視鏡治療分野でより高い臨床的価値を世界の医療現場へお届けし、医師の先生方がより先進的な治療を実現できるよう貢献していきます。」

Creo Medical社CEO Craig Gullifordは次のように述べています。「内視鏡治療領域を戦略の柱とするPENTAX Medicalが株主に加わることで、私たちが電気手術におけるリーダーを目指し開発する製品が世界中の医療現場で使われるようになることにつながります。」

Creo Medical Ltd.について

Creo Medical Ltd.はイギリスに本社を置く医療機器開発製造のリーディング企業です。粘膜切除や剥離、止血凝固等の手技に使用するマイクロ波および高周波装置を主に開発しています。マイクロ波バイポーラ高周波装置CRoMaは2015年7月に、BVCA (British Private Equity & Venture Capital Association)より、止血凝固システムの技術革新を高く評価されました。設立は2003年で、本社はイギリスChepstowにあります。


Contacts

お問い合わせ先:
PENTAX Medical
グローバルプロダクトマネジメント統括部
マーケティングコミュニケーション部長
川島 香織
Email: kaori.kawashima@pentaxmedical.com
携帯: 080-4794-5842
〒196-0012 東京都昭島市つつじが丘1-1-110

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)