医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2010年9月21日 (火)
 RSS

シアトル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 米ワシントン州シアトルのシステムバイオロジー研究所(ISB)とスイス・チューリッヒのスイス連邦工科大学(ETHチューリッヒ校)は本日、豪シドニーで開催中の第9回ヒトプロテオーム機構(HUPO)年次世界会議において、質量分析法により完全なヒトプロテオームマップを作成する第1段階を完了したと発表しました。データはISB/ETH PeptideAtlasプロジェクト(www.peptideatlas.org)の一環として、ISB/ETH SRMAtlasデータベース(www.srmatlas.org)を通じて研究者が利用できるようにします。 両組織はヒトゲノムでタンパク質コード遺伝子として現在注釈付けられている遺伝子2万0300個のそれぞれに対し、「至適標準」となる質量分析法参照スペクトルを作成したと報告しました。研究者はその参照マップを利用することで、選択反応モニタリング(SRM)のようにターゲット化した質量分析法を使用して、あらゆる生体試料のいかなるヒトタンパク質をも検出・定量することが可能となります。また従来の発見

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91