医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2010年10月25日 (月)
 RSS

米ケンタッキー州レキシントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界各地からたばこ耕作者組織の主要な代表が今週、ケンタッキー州レキシントンで会合を持ち、世界で最も貧しい地域の何百万人という耕作者とその家族の生活に対し、WHOがまったく無関心であると非難しました。今年の国際たばこ耕作者組合(ITGA)年次総会には、世界で取引されているたばこ生産量の80パーセントをカバーする耕作者らが参加し、「たばこ規制枠組み条約」(FCTC)の新ガイドラインが11月にウルグアイで採択された場合の壊滅的な影響について議論しました。 FCTCの第9条、第10条、第17条、および第18条のガイドラインはたばこ製品に使用されている含有物の使用を禁止し、世界規模でたばこの耕作面積を減らすことになります。たばこに関し深い理解を持つ3000万人の耕作者を代表するITGAは、これらの施策が人々の健康には何の変化ももたらさず、社会および経済に壊滅的な影響をもたらすと主張しています。警鐘を打ち鳴らしているにもかかわらず、ウルグアイ会議への参加を求めるITGAの要求をWHOは拒否し、耕作者を妨害者

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)