医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2010年11月25日 (木)
 RSS

ワシントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 米国際貿易委員会(ITC)のロジャース判事は仮決定を下し、アナログ・デバイセズのMEMSマクロホン製品の一部がノウルズの米国特許第6781231号と第7242089号の請求項の対象となるという主張を認め、アナログ・デバイセズが特許を侵害していると判断しました。 ノウルズ・エレクトロニクス最高経営責任者(CEO)のジェフリー・ニューは、次のように語っています。「判事は特許侵害の問題に関し、ノウルズ・エレクトロニクスに有利な判定を下しましたが、これは正しい判断です。この判定は本件の理非に関する当社の判断と一致するものです。」 有効性の問題に関する判事の判定に従い、アナログ・デバイセズは当面の間、米国に製品を輸入することができます。この判定に対し、マイク・アデル副社長兼ゼネラルマネジャーは次のように語っています。「当然ながら、当社は判事の判断に落胆しており、この問題の再検討をITCに要求するつもりです。このような判定に関係なく、当社は顧客のために革新的ソリューションを開発してきましたが、今後も継続していきます。これらの

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)