医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2016年4月6日 (水)
 RSS

本研究は培養がん細胞に腫瘍治療電場(TTフィールド)をかけることができる ノボキュア社のinovitro™システムを使用して実施

ジャージー島セントヘリア--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ノボキュア社(NASDAQ: NVCR)は本日、ノボキュア社のinovitro™システムがテキサス大学MDアンダーソンがんセンターにおいて腫瘍治療電場(Tumor Treating Fields、以下TTフィールド)療法の研究に使用されることが決定したと発表しました。MDアンダーソンがんセンターは、TTフィールド療法単独および放射線療法との併用に対するグリオーマ幹様細胞の感度および抵抗性に影響を与える因子を見極めるため、TTフィールド療法の効果を研究していきます。


inovitro™システムはノボキュア社が2013年に開発したプラグアンドプレイの基礎実験システムで、多様なフィールドパラメーターの影響や、TTフィールドと様々な医薬品や放射線療法との併用による相乗効果を効率良く調べることができます。本システムは専用のソフトウエア、TTフィールド発生器8台、超高誘電率セラミックシャーレで構成されています。inovitro™システムで電場の強度と周波数を変更して、治療パラメーターおよび治療法の組み合わせを最適化しながら、種々のがん細胞に対するTTフィールドの効果を簡易に調べることができます。

ノボキュア社の前臨床研究責任者のDr. Moshe Giladiは、次のように述べています。「私たちはMDアンダーソンがんセンターがTTフィールド療法の研究において当社と連携することを誇りに思います。医療界とのこのような連携は、私たちの治療法に対する関心の高まりを実証しているとともに、TTフィールドの作用機序に対する理解を深めることに貢献します。」

MDアンダーソンがんセンターは、inovitro™システムを使用してTTフィールドを研究する学術研究センターとして、これまでで10番目の施設となります。

ノボキュア社のCSO最高科学責任者兼研究開発責任者であるDr. Eilon Kirsonは、次のように述べています。「MDアンダーソンがんセンターが有するグリオーマ幹様細胞は包括的なゲノム/プロテオーム解析が施されており、数々の特性を持つ細胞がTTフィールド療法との併用治療でどのような反応を示すのかを解明する重要な役割を果たすでしょう。このような発見は将来TTフィールド療法と様々な治療法との併用に対する反応や抵抗性を示す患者固有のバイオマーカーの特定につながることでしょう。」

腫瘍治療電場療法について

腫瘍治療電場(TTフィールド)療法は、患者が継続的に使用できるよう設計された持ち運び可能な非侵襲性の医療機器で行う治療法です。in vitroおよびin vivo研究では、本治療によりがん細胞が分裂し複製するプロセスである有糸分裂を阻害し、腫瘍の成長を遅延させ防御することが明らかになりました。TTフィールド療法は、電荷を帯びた細胞成分に物理的な力を及ぼす低強度の交流電場を腫瘍内で発生させ、通常の有糸分裂プロセスを阻害しがん細胞を死滅させる治療法です。

ノボキュア社について

ノボキュア社は腫瘍治療電場(TTフィールド)と呼ばれる固形がんに対する新しい治療方法を開発したオンコロジー企業です。ジャージー島に本拠地を置き、米国はニューハンプシャー州ポーツマスとニューヨーク州ニューヨークに拠点がございます。さらにスイスと日本にも拠点を置き、イスラエルのハイファに研究センターを有しています。詳細につきましては、www.novocure.comまたはwww.twitter.com/novocureをご参照ください。

将来の見通しに関する記述

本プレスリリースには過去の事実または現在の状況に関する記述に加え、将来の見通しに関する記述が含まれている場合があります。将来の見通しに関する記述は、将来の出来事に対するノボキュア社の現在の予測ないし見通しを提供します。それら記述には、当社研究プログラムの予想された科学的進展、製品候補の開発、臨床結果の解釈、薬事承認の見込み、製造における開発と能力、当社製品の市場見通しに関する記述、過去の事実でない事柄に関するその他記述が含まれます。それら将来の見通しに関する記述の一部は、「予想する」、「推定する」、「期待する」、「見積もる」、「意図する」、「計画する」、「考える」、その他同様の意味を持つ単語や表現によって特定できます。ノボキュア社の業績および財務結果はこれら将来の見通しに関する記述で示されたものと大幅に異なるものとなる可能性があり、その原因は一般的な金融、経済、規制、政治の状況に加え、米証券取引委員会に提出済みの2016年3月1日付目論見書に示されているものなど、ノボキュア社が直面するより具体的なリスクや不確実性です。これらのリスクや不確実性を前提にすると、これら将来の見通しに関する記述はその一部ないし全部が不正確であることが判明する可能性があります。従って読者はこれらの要因や将来の見通しに関する記述に信頼を寄せてはなりません。またノボキュア社は法令等によって要求される場合を除き、いかなる将来の見通しに関する記述について公式に更新する意図はありません。本プレスリリースの将来の見通しに関する記述は、いずれも発表した日付時点までの事項に言及したものです。1995年米国民事証券訴訟改革法により本表明が認められています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Novocure
Ashley Cordova, 212 767 7558
acordova@novocure.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91