医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2011年3月7日 (月)
 RSS

ウィーン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界トップ医療イメージング企業のソフトウエア・イメージング技術パートナーのコンテクストビジョンは本日、2011年欧州放射線医学会議(ECR)で2つの革新的ソリューションを発表しました。その1つはマンモグラフィーのソリューションで、乳がん検出のためのX線画像診断が抱えるこれまでの限界を超えるためのものです。もう1つのインターベンショナルラジオロジーのソリューションは優れたリアルタイム画像の実現を可能とするもので、透視法下での手術で線量を低減できる可能性をもたらします。 マンモグラフィーによるルーチンスクリーニングは、乳がん早期検出のための標準的手段として認知されています1。しかし、5つに1つのがんはマンモグラムのシグナルが微弱であるために放射線医によって見落とされています2。マンモグラフィーにCADシステムを使用すれば、異常な臨床所見を持つ患者を評価し、分析の必要性を放射線医に警告することができます3。American Journal of Roentgenologyに発表された研究によれば、CADシステムは放射線医

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91