医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2011年4月5日 (火)
 RSS

ニューオーリンズ&ロサンゼルス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- PEPPER(ステント内再狭窄を示す患者におけるパクリタキセル放出バルーン)試験は、6カ月経過時点における成績として、非常に低頻回の血行再建術と心臓死を実証しています。これらの結果は、米国心臓病学会(ACC)の会議で日曜日に、ドイツのフライブルク大学医療センターに所属し、本試験の治験調整医師を務めるChristoph Hehrlein教授(MD)が発表しました。 PEPPER試験は、前向き非ランダム化初回ヒト対象欧州多施設共同臨床試験で、患者81人においてパクリタキセル放出バルーンPantera® Luxの安全性と有効性を評価するものです。主要評価項目は6カ月後におけるステント内晩期血管径損失です。主要二次転帰は、1カ月、6カ月、12カ月後における冠動脈有害イベントの累積率、セグメント内晩期血管径損失、6カ月のフォローアップにおける径再狭窄率およびバイナリー再狭窄率です。 この困難なステント内再狭窄患者群における6カ月後の転帰は有望で、標的病変において臨床行為の結果必要となる血行再建術はわずか

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91