医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2011年5月31日 (火)
 RSS

SEATTLE--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- 米国で食品安全に取り組むウィリアム(ビル)・マーラー弁護士が、最近日本で発生した大腸菌による集団食中毒事件の被害者の弁護士を支援します。この事件は、レストランで出された生の牛肉が原因と見られています。マーラーが所属するシアトルのマーラー・クラーク法律事務所は、米国で発生した大腸菌やその他の集団食中毒事件で被害を受けた人々の代理業務に専門的に取り組んでいます。 日本で先月、焼肉レストランチェーンの焼肉酒家えびすでユッケと呼ばれる生の牛肉料理を食べた人々が大腸菌O111に感染し、4人が死亡、90人が体調不良を訴えました。朝日新聞の報道によれば、レストランチェーンを運営するフーズ・フォーラスの勘坂康弘社長は、厚生労働省が義務付けている生肉の細菌検査を過去2年間実施していなかったと認めました。 マーラーは、次のように述べています。「検査やその他の食品安全システムの目的は1つしかなく、それは、お客さまの安全を守ることです。食品の安全性改善のために人生を捧げている専門家として、私は今回の集団食中毒事件の被害者のために活動す

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91