医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2011年6月8日 (水)
 RSS

シカゴ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --革新的な肝臓がん標的治療薬の開発・製造大手サーテックスは本日、放射線塞栓療法としても知られている選択的内部放射線療法(SIRT)の忍容性、有効性、生存率を評価した期間5年の試験の結果を発表しました。化学療法で治療困難な乳がん肝転移患者を被験者とし、マイクロスフィア「SIRスフィア」(SIR-Spheres®)を使用したSIRT療法です。試験を主導したのはイタリア・ラティーナにあるSanta Maria Goretti病院の介入的放射線科医Roberto Cianni博士です。 試験では乳がん肝転移の治療を受けている患者49人の観察が行われました。適格患者は全員「SIRスフィア」(イットリウム90樹脂マイクロスフィア)を使用した放射線塞栓療法を受け、8週および12週のフォローアップでCT検査およびPET検査が実施されました。 RECIST(固形がん治療効果判定基準)を使用した結果、患者24人(49%)が完全寛解または部分寛解(CR/PR)、患者17人(35%)が病勢安定(SD)、患者8人が病勢進行(PD)を示しました。3

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91