医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2017年12月18日 (月)
 RSS

加プリンスエドワードアイランド州シャーロットタウン--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- 革新的な世界的医薬品開発製造受託機関(CDMO)のバイオベクトラは本日、クエン酸第二鉄の製造に関しケリックス・バイオファーマシューティカルズと長期供給契約を締結したと発表しました。クエン酸第二鉄は、慢性腎疾患で一般的に発生する2つの合併症の治療薬として承認を受けているAuryxia®錠の医薬品有効成分(API)です。


バイオベクトラは、2003年以来のクエン酸第二鉄API製造でのケリックスとの提携を含め、医薬品開発製造の受託で培った45年以上の経験を提携関係にもたらします。バイオベクトラはカナダのプリンスエドワード島シャーロットタウンの本社施設の製造能力を拡大することで、クエン酸第二鉄APIの長期供給に対するニーズの予想される成長に備えます。

バイオベクトラのOliver Technow社長は、次のように述べています。「この提携は、私たちがバイオベクトラとして長い取り組みを進めていく上で、極めて重要な前進です。またカナダ大西洋州で当社が培ってきた革新力、才能、決断力を示す好例です。当社は、世界的な提携先や、それら提携先の世話になっている患者のニーズに応えられることに大きな誇りを持っています。これほど大規模な契約は高度技能職の雇用を創出するものであり、プリンスエドワード島シャーロットタウンにもたらすことができるのは当社にとって大きな喜びです。そしてカナダ大西洋州のバイオサイエンス業界が達成した新たな偉業です。」

ケリックス・バイオファーマシューティカルズのMelissa Bradford-Klug最高業務責任者(CBO)は、次のように述べています。「2件目の適応症に対する最近の米FDAによるAuryxiaの承認により、予想される今後の処方需要を支えるのに十分な製造能力を当社が持つことが非常に重要となります。バイオベクトラは2003年以来、Auryxiaの医薬品有効成分を製造してきましたが、当社が今後もAuryxiaのサプライチェーンを拡大していくに当たり、バイオベクトラは重要なパートナーになると考えています。」

バイオベクトラの営業開発担当バイスプレジデントであるヘザー・ドラージュは、次のように述べています。「この提携は、バイオベクトラが何を最も得意としているかを示しています。ケリックスが15年近く前、臨床サプライの業務で当社に最初にアプローチして以来、当社はAuryxiaの治験段階、登録、商業発売で協力し、市場の増大する需要に対応すべく製造能力を拡大するまでに至っています。当社は、ケリックスの長期の戦略的サプライチェーンの重要な部分であり続けたいと思います。」

ケリックス・バイオファーマシューティカルズについて

米マサチューセッツ州ボストンに本社を置くケリックス・バイオファーマシューティカルズは、腎疾患を持つ人々に独自の有意義な利益をもたらす革新的医薬品の開発と商業化に傾注しています。ケリックスのチームは、この複雑な疾患を持つ人々のケアを前進させるという情熱をもって働くことに傾倒する約200人で構成されています。こうした献身の結果が、ケリックス初の医薬品であるAuryxia®(クエン酸第二鉄)錠の2つの適応症に対するFDAの承認です。ケリックスの詳細情報についてはwww.keryx.comをご覧ください。

バイオベクトラについて

バイオベクトラはCDMOとして、製薬企業とバイオテクノロジー企業に対し、中間体および医薬品有効成分のフルサービスcGMPアウトソーシングソリューションを提供しています。薬事承認で確かな実績を持ち、革新的で信頼できるサービスパートナーであるバイオベクトラは、下記の専門分野で45年以上の経験を有しています。

  • GMP順守の微生物発酵/精製
  • 錯体化学
  • プロセスと分析法の開発

バイオベクトラの詳細についてはwww.biovectra.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

BioVectra Inc.
Jordan MacGregor
Marketing and Communications Manager
jmacgregor@biovectra.com
902-566-9116 ext. 6376
www.biovectra.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)