医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2018年2月7日 (水)
 RSS

米カリフォルニア州サクラメント--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アンパック・バイオメディカル・サイエンス・カンパニー(アンパック・バイオ)と、国際的に高く評価されている当社の医療研究提携先および病院は、新たな世界的大台を超えることで「世界対がんデー」(#WorldCancerDay)と「米国がん予防月間」(#NationalCancerPreventionMonth)を記念しました。その大台とは、アンパック・バイオ専有のリキッドバイオプシー検査「がん識別分析」(Cancer Differentiation Analysis、CDA)が、独立機関の確認により世界中で6万件以上実施されたというものです。



世界的に有名な中国人民解放軍第二軍医大学と付属の長海医院(中国・上海)は、2014年から4000件以上のCDAリキッドバイオプシー検査を実施してきます。長海医院は肺がん、食道がん、そしてがんのない対照群の血液試料を「ブラインド化」してアンパック・バイオに提出し、CDAが極めて正確な非侵襲的検査で、早期診断と治療効果/予後/再発モニタリングの両方を支えるものであると結論付けました。

長海医院腫瘍内科副医長のDr. Jun-Jie Wuは、次のように述べています。「当院の予備研究の結果は、従来の腫瘍マーカーよりもCDA技術の方が早期診断のための感度と特異度が優れていると同時に、肺がん食道がんの治療評価のための優れたツールとなり得ることを示しています。またCDAは、肺結節スクリーニングのための胸部CT(コンピューターX線体軸断層撮影法)を補完する上で優れた役割を果たすこともできます。既存のデータは、肺がんと食道がんの診断および治療評価の分野で、CDAが有望な技術であることを示しています。」

世界ノーベル賞受賞者サミットで「状況を一変させる」と評されて「画期的イノベーション賞」を受賞し、2017年世界精密医療産業賞で「最も有望ながん検査会社」に選ばれたアンパック・バイオのCDA技術は、がんの早期スクリーニング/検出法を事実上、作り変えるものです。

アンパック・バイオのCDA技術は、簡素で標準的な血液検査の結果を分析し、当社専有のマルチレベル/マルチパラメーター診断アルゴリズムを適用することで、従来からのスクリーニング法の大半よりも測定可能なほど高い精度でがんを識別します。また患者に有害な副作用を一切及ぼさず、「偽陽性」ははるかに少なく、従来の検査法よりも大幅に少ない経費で済み、試料提出から数分以内に結果を出します。

これまでに実施された6万件以上の検査の有効性に関する包括的なデータは、CDAによる診断が一貫して、26種類以上のがんを、75%~90%の範囲の感度と特異度で、通常は最も早期の段階で検出することを示しています。

上海長征医院腫瘍内科がこれらの結果を裏付けています。上海長征医院は2016年以来、アンパック・バイオのCDAリキッドバイオプシー技術に関して、2件の包括的な臨床研究を実施しています。500人以上の健康な「対照群」、「高リスク群」(遺伝的または環境的にがんにかかりやすい人々)、第三者による診断を受け「がんが確定している群」から得た血液試料がCDA分析に付されました。

研究責任者を務めた上海長征医院の教授代理であるDr. Yuan Sheng Zangによれば、「初期解析結果は、CDA技術が従来の腫瘍マーカーよりも早期がんスクリーニングのための感度と特異度が優れていることを示しました。予後を推測するCDA技術の重要性に関する評価は、現在進行中です。既存の研究データは、CDA技術ががんの診断予後の分野で将来有望であることを示しています。」

アンパック・バイオはリキッドバイオプシー研究の草分け(2008年に開始)として、すでに完全な商業化を行い、フォーチュン500企業/保険/医療/研究/個人(店頭販売)向けの検査から収益を上げています。一方、競合する「リキッドバイオプシー研究」のほとんどはまだ実験室の段階にとどまり、一般大衆はまだ(多分数年間)利用できない状況です。

また競合する検査法は一般的に、(患者においてある時点でがんを発症する可能性のあるリスクないし確率の増加を示し「得る」遺伝子変異など)わずか1つか少数のサンプル指標のみを測定するのに対し、アンパック・バイオのCDAは「機能生物学」検査です。すなわち、採血した時点で患者の身体に存在する実際の疾患兆候に関する重要な情報を医療専門家に提供します。

CDAによるごく早期のがん/前がん状態検出の効率と精度は独立機関によって確認済みであり、これらは本技術の特許取得済みのマルチレベル/マルチパラメーターデザインによってもたらされています。世界中で200件を超えるCDA関連の特許出願(現時点で65件以上が登録済み)が行われているCDAの総合システムは、多数のタンパク質、分子、細胞、その他の因子を測定し、疾患の兆候を識別します。続いて収集されたデータは、「ノイズ」を減らすと同時に信号の検出と処理を強化しながら、アンパック・バイオ専有のアルゴリズムを使用した分析に付されます。

分析の結果得られたデータには、がん発生リスクレベルを示す「CDA値」と呼ばれる総合的な数値が割り付けられます(CDA値が高いほどがんのリスクが高い)。CDAの精度と長所は先行研究で確認されており、米国臨床腫瘍学会(ASCO)、乳がんシンポジウム世界ノーベル賞受賞者サミットなどの権威ある科学団体が主催する場で発表されています。

アンパック・バイオの最高経営責任者(CEO)であるDr. Chris Yu は、次のように述べています。「当社は毎日、他の『リキッドバイオプシー』検査候補が『いつの日か』がんをとらえるのに使用されるだろう、と報告されるのを耳にしています。当社のCDA技術は広範な試験と検証を受けており、アジアで最も尊敬され有名な何十軒という医療機関で毎日使用されています。また当社は同様に正確で良好な成果を米国でも生み出しています。当社のCDA装置が実験室の段階から大きく前進し、実際の人々で実際の検査に使用され、毎日命を救っていることは、当社にとって大きな誇りです。今月の米国がん予防月間に当たり、アンパック・バイオと当社の医療関係提携先は世界に対し、『いつの日か』は今日であることを知らせたいと思います。」

アンパック・バイオの詳細についてはwww.AnpacBio.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Anpac Bio-Medical Science Company
Drisha Leggitt, 916-206-2553
Drisha_Leggitt@AnpacBio.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)