医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2018年9月17日 (月)
 RSS

取引により、拡大した先進的創傷被覆材ポートフォリオの革新・開発・商業化にさらに傾注し、この拡大する大市場で競争力を向上へ

サンアントニオ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アセリティは本日、英国のガーグレイブに位置する当社の先進的創傷被覆材製造施設をスカパ・ヘルスケアに売却する契約について発表しました。取引完了による施設の譲渡に伴い、350人以上の従業員がスカパに転籍し、アセリティ傘下企業KCIとの製造契約を支えます。同製造契約は、先進的創傷被覆材(AWD)に関するKCIの世界的成長戦略を前進させる重要な製品やコンポーネントの継続的供給を保証するものです。


取引が完了次第、英国のガーグレイブにおける製造事業、滅菌サービス、倉庫施設、研究開発、規制関連のサポート機能はスカパ・ヘルスケアに移管されます。

最近のアセリティによるクローフォード・ヘルスケア買収の勢いを元にした今回の戦略的取引により、先進的創傷治療における世界的リーダーとしてのKCIの地位を一層強化できます。KCIはガーグレイブ施設の譲渡により、重要製品ラインでスカパの製造専門力に依拠しながら、成長するAWD事業でのマーケティング・商業化への傾注を強化することができます。

アセリティの社長兼最高経営責任者(CEO)であるR・アンドリュー・エッケルトは、次のように述べています。「先進的創傷治療の世界市場は大きく、急速に成長しています。市場をリードするコラーゲン被覆材PROMOGRAN PRISMA™ Matrixおよび超吸収性KerraMax Care®シリーズを含め、KCIのAWDコラーゲン被覆材ポートフォリオを拡大し、当社の陰圧創傷治療製品を補って一層完全なものにすることは、当社の成長目標にとって非常に重要です。この取引により当社は、革新と製品開発の活動を維持・拡大し、当社AWD事業の商業実務の実行に集中しながら、当社がリードするデジタル創傷治療/外科ソリューションなどの他分野で事業拡大するための戦略的投資をすることが可能となります。」

アセリティは取引が完了するまでの間、ガーグレイブの施設を運営し続けます。アセリティは取引が2018年10月初旬に完了すると見込んでいます。

アセリティについて

アセリティは先進的創傷治療技術を手掛ける世界的企業として、一連の治療を対象に顧客と患者のための革新的な治癒ソリューションを開発することに傾倒しています。当社子会社のKCIは、先進的創傷治療で最も信頼されているブランドです。他社の追随を許さないKCIの製品ポートフォリオは、90カ国以上で提供可能であり、治癒速度を速め、品質・安全性・顧客体験の点で業界をリードするソリューションを通じて、価値を提供します。治癒の科学を前進させることに傾倒するKCIは、先進的創傷治療の革新をリードする基準を打ち立てます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Acelity
Kathryn Skeen, +1-210-882-2067
Corporate Communications
kathryn.skeen@acelity.com
or
Jathan Tucker, +1-210-255-6816
Investor Relations
jathan.tucker@acelity.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)