医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2018年9月18日 (火)
 RSS

アトランタ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- コネクテッドヘルスソリューションの世界的リーダーであるBiolog-idは本日、アトランタに米国事業センターを開設したと発表しました。Biolog-idは新施設により、北米でのプレゼンス拡大を続け、世界最大のヘルス市場でビジネスソリューションを提供することが可能となります。


Biolog-id LLCの事業所はジョージア州アトランタから北へ15分のアルファレッタに位置します。Biolog-idのPierre Parent社長は、Amit Mayerを子会社のゼネラルマネージャーに指名しました。

Amit Mayerはヘルスケア、イノベーション、マーケティング、教育の各分野で多様な経験を持つ経験豊富なマネジャーです。Mayerは起業家、コンサルタント、教育家、ビジネスマンとして世界中の知名度の高い企業や組織のために業務を行ってきた経験があり、特にヘルスケアの分野に関心を持っています。Mayerはここ5年間、アトランタを拠点としています。

Pierre Parentは次のように述べています。「Biolog-idは、コネクテッドヘルスソリューションにおける独自の専門力を発展させ、影響を受けやすい治療製品(赤血球濃厚液、血小板、血漿、化学療法用製品)の信頼できる追跡を実現し、患者への安全な投与を保証する画期的な革新成果を創出しました。Biolog-idは米国での永続的なプレゼンスを確立することで、米国での提供製品を対象に質の高いサポートのお客さまへの提供を目指しています。この事業センターでは、販売、販売サポート、諸業務、研究開発を行います。Biolog-idは米国市場での地位を確立できる態勢にあり、Mayerはそれを成功させるのにふさわしい人物であると確信しています。」

Amit Mayerは次のように付け加えています。「Biolog-idのソリューションは、モノのインターネット(IoT)を基盤としており、適切な製品の適切な患者への投与を保証することで医療処置と患者ケアの質と安全性を向上させ、医療専門家が患者のために割ける時間を増やします。これらのソリューションは既存の作業手順に完全に組み込むことが可能で、製品ロスの削減、サプライチェーンの最適化(在庫削減、手作業を伴わない遠隔管理など)により、大きな費用節減をもたらします。またBiolog-idのソリューションは、時間がかかる管理業務や物流業務から解放することで、医療専門家の作業環境も改善します。大西洋を隔てた本施設は、当社のあらゆる相乗効果を利用して北米市場に比類のないサービスを提供するという当社の狙いを示しています。Biolog-idの目標は、注入用製品を扱う輸血センター、院内血液バンク、院内薬局に特有の役割にソリューションを適合させる活動に傾注するチームを形成することで、大きな付加価値を持つ特別ソリューションを提供し、北米での急速な成長を実現することです。」

Biolog-idについて
Biolog-idは先駆的な考えに基づいて2005年に設立されました。その考えとは、RFID技術を使用して、影響を受けやすいヘルス製品(赤血球、血漿、血小板、化学療法用製品)の確認、追跡、管理を行うというものです。この画期的な革新により、まったく独自な製品、すなわち「Biologソリューション」の開発が可能になりました。その知的所有権は現在、国際特許が計100件ほどに上っています。
当社はパリにオフィスを置き、製造施設および製品/カスタマーサポート施設をフランスのノルマンディー地域圏のベルネーに構えています。当社は現時点で約80人の従業員を擁しており、フランスの国内外で採用計画を継続中です。www.biolog-id.fr

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Biolog-id
Amit Mayer, +1 404 953 3169
amit.mayer@biolog-id.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)