医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2018年10月8日 (月)
 RSS

長寿に着眼した研究開発型新興企業の「ドリームチーム」が専有的なデータエンジンを追加

ボストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ライフ・バイオサイエンシズは本日、通信/技術プラットフォームのルアを買収すると発表しました。この大胆な対応は、加齢に伴う衰え(ARD)に対抗するための新規の治療法、技術、医薬品を追求するライフ・バイオサイエンシズの研究を加速するための専有的な人工知能(AI)プラットフォームの創出促進を目的としています。ライフ・バイオサイエンシズは、一連の独立したイベントや症状ではなく、体の全身的な機能低下としての老化による健康の衰えへの対処に傾注する初の最大手バイオ技術企業です。

Luaは、医療提供者と患者のコミュニケーションを促進することで患者転帰の改善を狙ったウェブ/モバイルアクセス技術プラットフォームです。ルアの技術はライフ・バイオサイエンシズの中で発展して、ライフ・バイオサイエンシズのドリームチーム事業モデル内の各「派生会社」が実施中の科学研究について、その研究データのより迅速で包括的な分析と情報統合を可能にすると期待されるプラットフォームとなります。

この能力は、医薬品やその他の治療法の開発改善とその迅速化を確実に達成することで、人間や動物の長寿命化と健康改善に貢献するよう、ライフ・バイオサイエンシズの研究すべてを支えることになります。ルアの患者直結型コミュニケーションモデルは、Aces ABA、ホスピス・パートナーズ・オブ・アメリカ、ジ・エンサイン・グループなどの要求の厳しい医療提供者の下で既に機能しています。

ライフ・バイオサイエンシズ共同設立者のトリスタン・エドワーズ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社の派生会社は、加齢に伴う衰えと長寿の分野において世界で最も著名な研究者が率いています。これら研究者の仕事は、ヒトでの試験へと拡大することになります。そのため、私たちは強力なLuaプラットフォームの買収に感激しています。このプラットフォームは、ユーザーにとって使いやすいインターフェースで充実した双方向性を実現するHIPAA準拠環境で通信するための実績あるシステムとして、当社の各企業が利用できるようになります。」

- Lua:コネクティブプラットフォーム -

ルア共同設立者のマイケル・デフランコは、次のように述べています。「私たちは、ライフ・バイオサイエンシズのファミリーに加わることを非常にうれしく思います。医療提供者と患者の間でのアクセス簡素化によって転帰を改善するというルアの着眼は、すべての人々の健康寿命を延ばすというライフ・バイオサイエンシズの使命と完全に合致します。リアルタイムのフィードバックループを生み出すことで、私たちは臨床試験でデータによって導かれる詳細な知見を研究者に提供できると期待しています。これは以前にはできなかったことです。私たちは、当社の消費者直結型技術には、現在の私たちが知るようなペットの生活と最終的には人間の生活を変える可能性があると確信しています。」

2010年に設立されたルアは、共同設立者のデフランコとジェイソン・クリグスフェルドによって今後も別会社として運営されます。ヘルスケアでの主要な役割以外にも、同社のプラットフォームは金融サービス、接客業、イベントプランニングの分野における企業顧客も利用できます。その直感的なリアルタイムのアーキテクチャーにより、チームベースや顧客ベースのコミュニケーションが可能になります。

ライフ・バイオサイエンシズのニック・ベントレスカ最高技術責任者(CTO)は、次のように述べています。「すべての医薬品開発は、深く掘り下げた知見を提供してプライバシーが保護される形でデータと情報を使用することに基づいています。私たちは、医薬品開発だけでなく、今後は世界中の患者とケア提供者に安全に情報を提供するためにもLuaプラットフォームを利用していきます。」

- ライフ・バイオサイエンシズの概要 -

ライフ・バイオサイエンシズを2017年に共同で設立したのは、ハーバード・メディカル・スクール遺伝学科の教授であるデビッド・シンクレア博士と、あらゆる資産クラスを扱う世界的な機関投資家としてのキャリアを大きく成功させた後、人生の第2章として革新的な仕組みを開発したトリスタン・エドワーズです。

当社の新規の派生会社事業モデルでは、2つの投資戦略を通じて業界のリーダーシップを築くために必要な充実した研究エコシステムを生み出します。1つ目に、新会社を設立し、それにより世界中の先見的な科学者による研究の幅を広げます。2つ目に、ライフ・バイオサイエンシズが他の画期的な企業に投資し、その潜在能力を最大化するための資源を提供します。

ルアに加え、ライフ・バイオサイエンシズの研究環境内で独立的に協力して活動する派生会社6社があります。当社は、ルアのAIを駆使したデータ/通信プラットフォーム、経験豊かな経営陣、医薬品開発経験、マサチューセッツ州ケンブリッジにある2万5000平方フィートの最先端の生態動物園、ロボット工学施設、医薬品スクリーニング施設を含め、人間の潜在能力を最大化するために必要な資源を派生会社に提供しており、これらを4大陸の研究所やオフィスで補強しています。

デビッド・シンクレア(PhD、AO)とトリスタン・エドワーズが2017年に共同で設立したライフ・バイオサイエンシズは、加齢に伴う衰え(ARD)の全8経路に対処する初の最大手バイオ技術企業です。当社が世界各地で確立してきた派生会社は、尊敬される科学者のドリームチームに率いられており、先駆的な研究と製品開発を通じて独立的に連携しながら、これらの経路と格闘しています。当社は、ルアのAIを駆使したデータ/通信プラットフォーム、医薬品開発経験、2万5000平方フィートの最先端の生態動物園、ロボット工学施設、医薬品スクリーニング施設など、人間の潜在能力を最大化するための資源を派生会社に提供しています。ライフ・バイオサイエンシズは、一連の独立した兆候や症状ではなく、体の全身的な機能低下に対処することで、コンパニオンアニマルを含め、すべての生き物の健康寿命の延長を追求しています。

ライフ・バイオサイエンシズの詳細については、www.lifebiosciences.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Life Biosciences
Erin Foster
erinf@lifebiosciences.com
または
media@lifebiosciences.com
または
susanm@lifebiosciences.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)