医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2019年6月15日 (土)
 RSS

バイオセルコラーゲンを含む栄養補助食品により、プラセボと比べ、フェイシャルラインと顔のしわおよび目尻のライン/しわの有意な低減、肌の弾力性と皮膚コラーゲン含量の増加、皮膚の乾燥の低減が実現

米カリフォルニア州アーバイン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ブランド栄養成分サプライヤーのバイオセル・テクノロジーは本日、「健康な成人女性でのバイオセルコラーゲンの使用が皮膚老化に及ぼす影響:ランダム化二重盲検プラセボ対照臨床試験」(The Effects of Skin Aging Associated with the Use of BioCell Collagen® in Healthy Adult Females: A Randomized, Double-blind, Placebo-controlled Clinical Trial.)のプレゼンテーションについて発表しました。これらの結果は2019年6月9日に開催された米国栄養学会(ASN)のNutrition 2019におけるポスターセッションで発表され、http://bit.ly/2WzhODiから入手できます。このポスターはASNのNutrition 2019抄録で公刊されます。本研究の原稿は査読誌Alternative Therapies in Health and Medicine (ATHM)のオンライン版および印刷版に掲載されます。


本研究の目的は、栄養補助食品バイオセルコラーゲンの効果と、皮膚老化に関連する変化との間に相関関係が存在するかどうかを見極めることでした。本研究は女性128人が12週間にわたり参加した二重盲検プラセボ対照試験です。参加者はインターベンション群とプラセボ群にランダム割り付けされました。インターベンションでは、バイオセルコラーゲン500mgを1日2回にわたり経口投与しました。バイオセルコラーゲンは鶏胸軟骨を加水分解して得た新規栄養成分で、天然由来のⅡ型コラーゲンのペプチド(300 mg以上)、コンドロイチン硫酸(100 mg以上)、ヒアルロン酸(50 mg以上)で構成されます。

本研究を完了した参加者113人について、栄養補助食品バイオセルコラーゲンはプラセボと比較して、下記の成果をもたらしました。

  • フェイシャルラインと顔のしわ(P = .019)、目尻のラインとしわ(P = .05)が有意に低減
  • 肌の弾力性(P = .008)と皮膚コラーゲン含量(P < .001)が12%増加
  • 見た目判定としわ幅に基づく皮膚外観の若々しさと関連する指標の改善(P = .046)
  • 皮膚の乾燥と紅斑の低減
  • 本栄養補助食品とプラセボの間で肌表面の水分の含量と保持について差異はなかった。本栄養補助食品の忍容性は良好で、有害反応の報告例はない。

バイオセル・テクノロジーのSuhail Ishaq社長は、次のように述べています。「私たちは当社による最新研究のこれまでの知見を発表することができて大変感激しています。これらの知見は、当社の主力栄養成分バイオセルコラーゲンの有効性をさらに支持するものです。ヒト臨床研究は一貫して栄養補助食品の効能を実証するための定石となっており、当社のライセンスパートナーがそれを活用できることを誇りに思います。」

この最新研究は、同様の結果を実証した先の予備研究を裏付けるものです(Schwartz SR, Park J. Ingestion of BioCell Collagen®, a novel hydrolyzed chicken sternal cartilage extract; enhanced blood microcirculation and reduced facial aging signs. Clin Interven Aging. 2012; 7: 267-273.)(新規加水分解鶏胸軟骨抽出物:血液の微小循環の促進と顔の老化兆候の低減)

AIBMR Life Sciencesの研究担当シニアディレクターで本論文の連絡先著者のAlexander Schauss博士(PhD、FACN、CFS)は、次のように述べています。「ランダム化二重盲検プラセボ対照試験が総仕上げとなり、一連の研究によって、健康な女性における『内側からの美しさ』という主張が支えられていることを見事に示しています。さらに素晴らしいのは、本研究から除外された少数の参加者を含む治療企図解析が実施された後でも、結果が統計的有意性を維持していたことです。こうした分析結果は、一流の医学誌で発表されたランダム化プラセボ対照盲検臨床試験の約15~20%でしか見られません。」

インターナショナル・リサーチ・サービシズの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるスティーブン・シュワルツ氏は、次のように述べています。「栄養補助食品業界がグッドサイエンスの頂点を極める形で研究を実施することは重要であり、こうした研究には今回のように適切な参加集団の二重盲検研究があります。」

バイオセルコラーゲンについて

バイオセルコラーゲン(BioCell Collagen®)は臨床試験済みのブランド栄養成分で、活動的な関節、若々しい見た目の肌、健康な結合組織を支えます。バイオセルコラーゲンに含まれる特許取得済みの成分は天然由来のⅡ型コラーゲンのペプチド、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸で、高度に吸収可能なマトリックス形態となっています。こうしたマトリックス形態はこの間、安全性・有効性・生物学的利用性についての試験など、数々のヒト臨床試験の研究主題となってきました。バイオセルコラーゲンは自己認証によるGRAS(一般に安全と認められる)製品です。バイオセルコラーゲンは非GMOでグルテン、大豆、貝類、魚、卵、牛乳、ピーナッツ、砂糖を含みません。バイオセルコラーゲンはもっぱら米国と欧州で製造されています。詳細情報についてはwww.BioCellCollagen.comをご覧ください。

バイオセル・テクノロジーについて

バイオセル・テクノロジーは栄養補助食品、機能性食品、化粧品に応用される革新的で科学的根拠のある成分を製造する企業として、その研究、製品開発、ブランディング、マーケティングに取り組んでいます。当社はブランド成分を各社の完成品で使用できるよう、消費財大手企業にライセンスしています。詳細情報についてはwww.BioCellTechnology.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Suhail Ishaq
President of BioCell Technology, LLC
714-632-1231

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91