医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2020年5月14日 (木)
 RSS

韓国安山市--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- UV LED ソリューションの専門企業Seoul Viosys Co., Ltd. (本社:安山市、代表理事:イ・ヨンジュ、以下「ソウルバイオシス」)は、完全なクリーン洗浄を実現するために、「バイオレッズ(violeds)」技術搭載製品を量産し、中国の家庭用洗濯機製品をリードする二大メーカーのハイセンス(Hisense)とハイアール(Haier)に供給していると12日に明らかにした。



洗濯機の洗濯槽の汚染度はトイレの便器と比べて約5倍高いと言われている。洗濯槽は外側から見えず、知らないうちに見過ごしてしまう可能性のある物だ。洗濯後、隙間の水が外からの物質と共に残り、それが悪臭、種々の細菌、カビが発生する原因となる。

中国で洗濯機技術をリードする両社は、ソウルバイオシスの画期的なvioleds技術を採用することで、洗濯槽の殺菌と脱臭という問題を解決し、高い評価により、高級機種から普及型機種まで採用機種を拡大する予定にしている。

光半導体のvioleds技術は、ソウルバイオシスが米国のSETi社と共に2005年から開発した新概念のクリーン技術だ。光子で細菌の発生と増殖を防止するソウルバイオシスの4000件に上る特許技術ブランドである。アプリケーションの特許も1000件以上も検証されたものを確保しており、その寿命を5万時間へと延長することに成功している。当社はエアコンなどの空気清浄製品、水道水を殺菌する浄水器などの水殺菌製品の供給を開始した。

一方、ソウルバイオシスは2020年4月、高麗大学の研究センターによる殺菌実験を通じて、violeds技術が新型コロナウイルス(COVID-19)をわずか30秒で99.9%不活性化するとの実験結果を確認した。ソウルバイオシスは今月中に個人用携帯殺菌製品を発売する予定だが、これは空気感染を防止し、顔用マスクなど種々の表面でのウイルス拡散を防止するためのものとなっている。当面、新型コロナの状況が終息するまで、本製品がパンデミックから速やかに人々を救うために使用できるよう、独自ブランドで提供することとした。

ソウルバイオシスのUV事業を率いるエグゼクティブバイスプレジデントのChae Hon Kimは、「世界で初めて紫外線半導体であるUV LEDを開発・量産するには多くの困難がありました。当社は米国のベンチャー企業SETi社と2005年から協力してきましたが、私たちはCOVID-19さえも殺菌して世界を救うことのできる技術を開発できて幸せです。」と述べている。

ソウルバイオシスについて

ソウルバイオシスは UV LED、次世代 3D センサー/レーザー光源のVCSEL、及びディスプレイ用単一ピクセルRGB “Micro Clean Pixel”のフルラインのソリューション専門企業。2002年に設立され、現在 UV LED 分野で世界1位の市場シェアを占めており、紫外線(UV)から可視光線(Visible Ray)、赤外線(IR)まですべての波長帯(200nm~1600nm)を基盤とした製品ポートフォリオと関連技術特許4,000件余りを保有し、世界市場での技術的優位を先行獲得。代表的な独自技術である UV LEDの「バイオレッズ(violeds)」は有害化学物質を使用せず、光のみを利用して殺菌・消毒(UVC)、皮膚再生(UVB)、空気・水質浄化、捕虫、植物育成促進など広範な産業分野でソリューションを提供。2018年にRayCan社を買収してスマートフォンの顔認識、自動車自律走行などを支援する次世代VCSEL技術を確保、製品量産を本格化した。2020年1月には既存のディスプレイ市場を塗り替える差別化された単一ピクセルのMicro Clean Pixelを発売して市場の攻略に乗り出した。詳細についてはソウルバイオイシスのウェブサイトを参照。http://www.seoulviosys.com/jp/


Contacts

報道関係者お問い合わせ先:
日本支社:ジャパンソウル半導体株式会社
広報担当
03-5360-7391

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91