医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2020年8月19日 (水)
 RSS

患者安全運動財団が世界患者安全の日に世界的な仮想イベントを主催し、世界的流行病の事態における患者安全の革新を求める



米カリフォルニア州アーバイン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 本日、患者安全運動財団は、第42代アメリカ合衆国大統領であるビル・クリントン元大統領が当財団の仮想イベント「安全な医療への結集」(Unite For Safe Care)で閉会基調講演者を務めると発表しました。本イベントは9月17日午後5時(東部夏時間)にオンラインで開催し、世界中からご参加いただけます。

「安全な医療への結集」は3時間の仮想イベントとして、患者、医療従事者、政策立案者、著名人、地球市民が結集して、患者と医療従事者の安全をどうしたら向上させることができるのか、その方法について学ぶものです。本イベントでは、医療被害のためにもはや共にいない家族などの愛する人への追悼と賛辞に加え、医療被害から生き延びた患者のお祝いを行います。プログラムは医療を安全なものにすべく傾倒している第一線の従事者を表彰します。

6月に患者安全運動財団は、医療従事者と患者の安全成績を確実に向上させるべく、システム全体の改善に注意を向けるための#uniteforsafecareと称する広範なキャンペーンを発表しました。本イベントは当財団に加え、米国麻酔学会(ASA)、ザ・リープフロッグ・グループ、医療の質に関する国際学会(ISQua)が一連のプログラムを共同開催します。

患者安全運動財団について

米国の病院では毎年20万人以上が無用な死を遂げています。世界では480万人の命が同様に失われています。患者安全運動財団(PSMF)は、病院の過誤による予防可能な死亡を根絶することを使命とする国際的非営利団体です。PSMFは、患者と患者擁護団体、医療提供者、医療技術企業、政府、雇用主、民間保険組織を、1つの理念の下に結束させている点で独自性があります。当財団の「実施可能な患者安全ソリューション」(APSS)や、業界の「オープンデータ誓約」、そして世界患者安全・科学・技術サミットなど、PSMFは患者死亡ゼロを達成するまで奮闘し続けます。詳細については、 www.patientsafetymovement.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Matt McKenna
media@patientsafetymovement.org
406-662-8527

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91