医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2020年12月3日 (木)
 RSS

  • プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、クレスト、オーラルB、ブレンド・ア・メッドに関して2021年1月からリサイクル可能なHDPEチューブへの切り替えを開始し、その後移行を継続して米国と欧州で2025年までに完全切り替えを予定
  • 初のHDPEチューブの導入により、数百万世帯が既存のリサイクル方式の中で歯磨きパッケージをリサイクル可能に

シンシナティ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- プロクター・アンド・ギャンブル・オーラルケアは本日、主要な歯磨きブランドであるクレスト、オーラルB、ブレンド・ア・メッドの最新のパッケージ革新を披露しました。この発表により、100%リサイクル・再利用可能なパッケージの実現を目指すP&Gのアンビション2030の取組みの一環として、歯磨きチューブのリサイクル可能性のレベルが引き上げられることになります。


世界をリードするオーラルケアブランドのクレストとオーラルB、そして欧州ブランドのブレンド・ア・メッドは、2021年1月から切り替えを開始し、2025年までの完全切り替えに向けて移行を継続します。

歯磨きチューブは毎日何百万人もの消費者に使用されています。しかし、そのマルチマテリアル構造は、世界中のリサイクル施設に難題をもたらしています。これに対する解決策が、HDPE(高密度ポリエチレン)チューブです。現在のチューブと同様に製品を保護するこのチューブは、北米と欧州のリサイクル機関によって既存のリサイクル技術との適合性が認証されています。収集プログラムが存在する場所では、このHDPEチューブがリサイクルできます。

適切なソリューションを導入して歯磨きチューブの持続可能性を高めるために、プロクター・アンド・ギャンブルはいくつかのHDPEチューブの供給業者と話し合いを進め、専有的チューブ技術「グリーンリーフ・ジェネレーション2」の利用開始について、すでにアルベアと合意に至っています。この技術によって、収集の仕組みが機能している所であればどこでもチューブをリサイクルできるようになります。グリーンリーフ・ジェネレーション2のチューブは、北米プラスチックリサイクル業者協会(APR)と、欧州のRecyClassおよびSUEZ.circpack®の承認を受けており、既存の有効なHDPEボトルリサイクルの仕組みの中でリサイクルすることができます。

APRの承認を得るにあたって、歯磨きチューブを高品質の使用済みHDPE樹脂に変え、新しいプラスチックボトルの製造に再利用できることが実証されました。

RecyClassは独立した業界横断的プラットフォームであり、材料のリサイクル可能性を評価し、パッケージ・デザインを改良して欧州の現在のリサイクル技術に適合させる方法について、具体的な推奨事項を提供しています。このプラットフォームによって、プロクター・アンド・ギャンブルの「歯磨きチューブ」技術はHDPEリサイクルに適合していると見なされることが証明されています。さらにRecyClassは、プロクター・アンド・ギャンブルの「キャップ付き歯磨きチューブ」製品が両方とも、現在の欧州におけるHDPE容器リサイクルに悪影響を及ぼさないことを保証しています。

RecyClass会長のパオロ・グレリアンは、次のように述べています。「現時点では歯磨きチューブはほとんどリサイクルできません。しかし、P&Gが使用するアルベアのグリーンリーフ・ジェネレーション2技術がRecyClassの認定を受けたことにより、私たちはチューブに関するリサイクル意識の醸成と、欧州における硬質HDPEのリサイクル品質と割合の向上に向けて正しい軌道を進んでいます。」

さらに、このチューブの選別可能性は、SUEZ.circpack®がRecyClassの選別プロトコルに従って実施した試験によって証明されており、チューブが正しいルートに流れ込み、HDPE材と共にリサイクルされることが確認されています。

SUEZ.circpack®責任者のヴィンセント・ムーイは、次のように述べています。「正確な選別は、リサイクルを確実に行うために不可欠なステップです。だからこそSUEZ.circpack®は、完全に稼働しているドイツの選別施設において選別試験を実施しました。その施設と導入されているテクノロジーは、欧州のリサイクル業界では非常に一般的なものです。試験結果からは、パッケージが正しくHDPE材のフローに分類されることが示されました。近赤外線(NIR)技術を使ったプラスチック識別は正確で、一貫性が保たれていました。」

P&Gヘルスケア最高経営責任者(CEO)のスティーブ・ビショップは次のように述べています。「P&Gオーラルケアは、何年も前に当社における持続可能性の取組みを開始し、当社のフットプリントを減らし続けています。より循環型のサプライチェーンを推進するために、当社の世界中にある全ての生産拠点が、埋立処理製造廃棄物ゼロの認証を取得しており、米国、カナダ、欧州の拠点では100%再生可能電力を購入しています。するべきことは、まだたくさんあります。それでも私たちは、今後数年間でリサイクル可能なチューブを実現するために、主要ブランドである北米のクレスト、欧州のオーラルBとブレンド・ア・メッドで実施している措置を誇りに思っています。」

P&G最高持続可能性責任者のヴァージニー・ヘリアスは次のように述べています。「当社は、製品とパッケージの革新を通じて責任ある消費を可能にし、促進することに取組んでいます。当社の主要なオーラルケア・ブランドは、世界中の何百万人もの人々に関係しています。この新しいパッケージ革新は、歯磨きチューブを既存のリサイクルの仕組みの中で大規模にリサイクルできるようにすることに貢献し、私たちのフットプリントの低減と、循環型のソリューションに向けた努力を後押しします。問題はもはや、私たちにできるかどうか、何ができるかではありません。どれだけ早くできるかが問題です。」

P&Gについて:

P&Gはそのブランドを通じて世界中の消費者に奉仕しています。信頼される高品質のトップブランドが、当社の世界的に強力なブランド群を構成しています。当社ブランドには、オールウェイズ、アンビピュア、アリエール、バウンティ、シャーミン、クレスト、ドーン、ダウニー、フェアリー、ファブリーズ、ゲイン、ジレット、ヘッド&ショルダーズ、レノア、オーレイ、オーラルB、パンパース、パンテーン、SK-II、タイド、ヴィックス、ウィスパーがあります。P&Gコミュニティーは、世界の約70カ国で事業を展開しています。P&Gとそのブランドについての最新ニュースと情報は、 http://www.pg.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

North America
Velvet Gogol Bennett, P&G
gogolbennett.vc@pg.com

Europe
Paola Mulas, P&G
mulas.p@pg.com

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/y/a/k/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91