医療・医薬情報インデックスサイト

医療・医薬情報のインデックスサイト

2021年5月19日 (水)
 RSS

  • Regdanvimab(CT-P59)は、ニューヨーク(B.1.526)、ナイジェリア(B.1.525)およびインド(B.1.617)を含む重要なSARS-CoV-2変異株に対して中和活性を示した。1
  • その他、新たなVOC(懸念される変異株、最初にブラジルP.1で同定された)の評価が進行中であり、今後数カ月以内にデータが得られると予想される。2
  • Celltrionは、パンデミックを終結させるために、広範な新規変異株に対する中和抗体の評価に取り組んでいる。

INCHEON、KOREA--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- Celltrion Groupは本日、抗COVID-19モノクローナル抗体の候補であるRegdanvimab(CT-P59)が、ニューヨーク(B.1.526)、ナイジェリア(B.1.525)およびインド(B.1.617)で同定された新規変異株に対して中和活性を有することを確認したと発表した。1


Korea Disease Control and Prevention Agency (KDCA)は、ニューヨーク(B.1.526)、ナイジェリア(B.1.525)およびブラジル(P.1)で同定された変異株を宿主細胞に感染させ、Regdanvimab(CT-P59)の変異株に対する中和活性を評価した。

抗COVID-19モノクローナル抗体候補のRegdanvimab(CT-P59)は、ニューヨーク(B.1.526)およびナイジェリア(B.1.525)変異株に対して強い中和効果を示し、in vitro擬似ウイルスアッセイにおいてインド変異株(B.1.617)に対して中和効果を示した。1

同社は、ウイルスが変化し続けるパンデミックに積極的に対処するために、ブラジル変異株(P.1)を含む新規変異株に対する中和活性を検討することを計画している。2

Regdanvimab(CT-P59)は、以前に確認されたSARS-CoV-2の6つの変異株(変異型S・L・V・G・GH・GR)に加えて、最初に確認された英国(B.1.1.7)、カリフォルニア(B.1.427/B.1.429)、ブラジル(P.2)の変異株を中和することが知られている。

Celltrion HealthcareのMedical and Marketing DivisionのDr. Houng Kim博士は、「SARS-CoV-2変異株の出現は、世界中で大きな懸念を引き起こしています。これらの結果は、Regdanvimab(CT-P59)が新たに検出された変異株に対して有効であるという我々の確信を裏付けるものであり、われわれはこの結果に勇気づけられた」と述べた。 「モノクローナル抗体は、軽度から中等度のCOVID-19患者に対し、症状を緩和し、重症化を予防する可能性がある。 Regdanvimab(CT-P59)のような治療薬を使用できる機会を提供することは急務であることは明らかである。新規変異株が世界中でウイルスの拡散を抑制する努力を脅かし続けているからである」と述べた。

Celltrionは、米国、スペイン、ルーマニアを含む13カ国でRegdanvimab(CT-P59)の有効性と安全性をさらに評価するために、グローバル第3相臨床試験において1300人以上の被験者登録に成功しており、今後数カ月でデータが得られると予想している。

2021年5月現在、韓国では3,000人以上がRegdanvimab(CT-P59)による治療を受けている。

- 末端

編集者への注意:

セルトリオンヘルスケアについて

Celltrion Healthcareは、革新的で手ごろな価格の医薬品を提供し、患者さんの先進的な治療へのアクセスを促進することに力を注いでいます。 その製品は最先端の哺乳類細胞培養施設で製造され、米国FDAのcGMPおよびEUのGMPガイドラインに準拠するように設計・製造されている。 Celltrion Healthcareは、110を超える国々にまたがる広範なグローバルネットワークを通じて、高品質で費用対効果の高いソリューションの提供に努めています。 詳しくは、https://www.celltrionhealthcare.com/en-us.をご覧ください。

regdanvimab(CT-P59)について

CT-P59は、抗体候補のスクリーニングおよびSARS-CoV-2ウイルスの中和において最も高い効力を示すものを選択することにより、COVID-19の潜在的治療法として同定された。 in vitroおよびin vivoの前臨床試験では、CT-P59はSARS-CoV-2 RBDに強く結合し、英国変異株を含む野生型および懸念される変異株を有意に中和することが示された(B.1.17)。 in vivoモデルでは、CT-P59はSARS-CoV-2のウイルス量および肺の炎症を効果的に減少させた。 CT-P59のグローバル第I相臨床試験の結果から、COVID-19.1 Celltrionの軽度症状を有する患者において有望な安全性、忍容性、抗ウイルス効果および有効性プロファイルが示され、SARS-CoV-2の新規変異株に対するCT-P59を用いた中和抗体カクテルの開発も最近開始された。

参考文献


1 ファイル上のCelltrionデータ

2 2021年5月11日現在、SARS-CoV-2の懸念変異株。 ヨーロッパ疾病予防管理センター https://www.ecdc.europa.eu/en/covid-19/variants-concernから入手可能


Contacts

ホリーバーバー
hbarber@hanovercomms.com
+44 (0) 7759 301620

ドナカラン
dcurran@hanovercomms.com
+44 (0) 7984 550312

配信元のページを読む…

※ (C) Business Wire, Inc.
※ 掲載情報は掲載時点での内容になります。内容についてはリンク先の情報が優先します。

関連キーワード (クリックするとキーワードを含む記事の一覧を表示します)

( ! ) Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php on line 91
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220352{main}( ).../index.php:0
20.0002223184require( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
30.207630495928require_once( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:16
40.208630517936include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single.php' ).../template-loader.php:89
50.208830539464include( '/home/users/1/yakuji/web/yakujijp090910/wp-content/themes/yakujijp01-theme-20180724/single-000006.php' ).../single.php:10